マウス、重量593gで約8時間駆動する10.1型Windowsタブレット

マウス、重量593gで約8時間駆動する10.1型Windowsタブレット

画像提供:マイナビニュース

マウスコンピューターは26日、重量593gで約8時間バッテリ駆動するWindows 10搭載の10.1型タブレットPC「MT-WN1003」を販売開始した。直販価格は税別39,800円。

プロセッサにAtom x5-Z8350を採用した10.1型Windowsタブレット。マグネット接続の着脱式キーボードにより、タブレットおよびノートPCとして使用できる。ディスプレイは1,280×800ドット解像度でマルチタッチに対応。

キーボード部はアイソレーション型の日本語配列。タッチパッドや左右独立型のクリックボタンも備える。ほか「Microsoft Office Mobile」および「1年間のOffice365サービス」」が標準で付属し、1TBのクラウドストレージが利用できる。

主な仕様は、CPUがIntel Atom x5-Z8350(1.44GHz)、メモリがPC3-12800 2GB(オンボード)、ストレージが64GB(フラッシュメモリ)、グラフィックスがIntel HD Graphics 400、ディスプレイが10.1型ワイド液晶(1,280×800ドット・IPS)、OSがWindows10 Home 32bitなど。

インタフェースはUSB 3.0×1、miniHDMI×1、SDXC対応microSDカードスロット×1など。通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2+LE。

本体サイズはW259.5×D174×H10mm、本体重量は約593g。キーボード装着時の重量は約916g。バッテリ駆動時間は約8.2時間(JEITA 2.0)。液晶保護シート(本体貼付済み)、ACアダプタ、microUSBケーブルなどが付属する。

関連記事(外部サイト)