あなたのフィードバックはMicrosoftに必ず届く - Windows Insider Meetup in Japan 2から

あなたのフィードバックはMicrosoftに必ず届く - Windows Insider Meetup in Japan 2から

画像提供:マイナビニュース

●フィードバックで発見・修正されるバグも
約1年前の2016年4月に第1回を開催した「Windows Insider Meetup in Japan」だが(参考記事)、今年もWindows Insider Program(以下、WIP)参加者を招いた第2回を2017年6月17日・大阪、6月25日東京で開催した。

最初に登壇した日本マイクロソフト Windowsプロダクトマネージャーの春日井良隆氏は、社内の組織を簡単に説明しながら「コンシューマーチームは自分を含めた2人で対応している」「1日に数時間はWebやニュースレターを確認し、Windows 10のユーザーインタフェースのローカライズチェックを行っている。直訳ではなく、日本語としての単語の組み替えなども作業の1つだが、追いつかなくて日本語がおかしくなってしまうことも」と苦労を語る。その上で、Windows 10の訴求戦略の実践など、日々のプロダクトマネージャー業務を説明した。

WIPの概要については、マイクロソフト ディベロップメントの入谷優氏とAndrew Zhygmanovsky氏が担当。イベントの来場者は大半がWindowsインサイダーのため、入谷氏は日々のフィードバックに感謝しながら、「(フィードバックによってWindows 10の)開発が成り立っていることを強く感じる。社内でも広く浸透し始めた」(入谷氏)とWIPの重要性を強調した。

こぼれ話的に面白かったのが、次期大型アップデートとなる「Fall Creators Update」の名称。Microsoftはグローバル企業のため、「南半球(のMicrosoft支社)からクレームが来ている。『我々はFall(=落ちる・倒れる)ではない』と」(春日井氏)。名称には違和感を覚えるという社内の声もあるようだが、現時点で変更予定はないそうだ。

WIPの特徴として入谷氏は、「新しい機能をいち早く試していただく」「利用状況に関するデータとフィードバックをいただく」ことを重要視し、一方で「すべての文字を公開前に翻訳する」「既知の問題をすべて事前に修正する」ことは次点だとしている。

理由として、新機能を実行するボタンが実装された場合、UIバランスなどを考えながら適切な日本語化を行うが、文言を思案している最中に開発者が実装形式をスライダーなどに変更した場合、思案した時間が無駄になってしまうからだ。日本市場を軽視しているわけではないとしつつ、誤訳に関してはフィードバックしてほしいと述べた。

フィードバックが開発に役立った一例として、Windows 10開発チームが気付かなかったバグがCreators Updateリリース直前に発生していた例を紹介。具体的には、ビルド15042において、他社製のIMEを既定の入力方式に設定できなかったという。CTFローダーに起因する問題だったため、担当者は米国の開発チームへ連絡し、その後のビルドで問題を解決した。

●「反映されやすい条件」「反映しづらい条件」
興味深かったのが、「反映されやすい条件」と「反映しづらい条件」である。「○した時に○というエラーダイアログが出る」「○なので○がほしい」といったように、具体性、理由、背景が明快、そして簡潔なフィードバックが伝わりやすいという。海外の開発チームが読むのは、日本語文章を機械翻訳したフィードバックなので、日本のインサイダーが書いた文章が完全に伝わらないからだ。

一方、何が起きたのか曖昧なフィードバックは理解されず、スルーされてしまう可能性がある。複数の事柄が記載されているフィードバックも分類的な理由で扱いづらくなり、場合によっては見落としてしまうこともあるそうだ。また、「(フィードバックに目を通すレビューアーも人間なので)悪く書かれること心が折れてしまいそうになる」(入谷氏)。機能を改善・問題を解決するという主目的を念頭に、節度を持ったフィードバックを心掛けたい。

入谷氏のプレゼンテーションは、MS-IMEにまで及んだ。日本の開発チームは東アジア圏用MS-IMEを担当範囲とし、Windows 10 Insider Previewでは日々改善を加えている。より使いやすいMS-IMEを目指すために行ったユーザーフィードバックでは、「変換結果に単語が見つからない」「変換結果の日本語が間違っている」といった意見が断トツだったという。

そこで2016年10月に、SNS上でMS-IMEの誤変換を募集する「日本語入力誤変換マラソン」を実施したところ、「名詞+動詞」「名詞+名詞」といった誤変換パターンが明らかになった。これらのデータと利用状況(テレメトリー)データにもとづく誤変換の分類を精査し、ビルドごとで修正した効果あるか調査したところ、Windows 10 バージョン1703では、それらの誤変換がバージョン1607と比べて約3割も改善したという。このようにテレメトリーデータやMS-IMEが用意する「誤変換レポート」、そしてフィードバックにより、Windows 10のMS-IMEは一歩ずつ前進している。

●Windows 10の未来は明るい
Windows 10は「Windows as a Service(WaaS)」というビジョンを採用した。これはソフトウェア開発手法が、ウォーターフォール型からアジャイル型に移行する世界的な潮流に合わせたもの。このWaaSを実現するため、Microsoftは2017年2月に、Git(バージョン管理システム)上の操作を大幅に向上させる仮想ファイルシステム「GVFS(Git Virtual File System)」を発表し、Windows 10のソースコードをGitレポジトリに移行させている。

これまでMicrosoftは「ソースデポ」という社内ツールでソース管理を行ってきたが、350万ファイル、約300GBのソースコードをGit上で管理すると、チェックアウト操作だけで3時間近くかかっていた。この問題を解決するためGVFSを導入し、実用レベルに至ったという。マイクロソフト ディベロップメントによれば、約4,000人の開発者がWindows 10のコードに日々触れているそうだ。

この他にもメディアによるWindows 10最新情報として、柳谷智宣氏によるレポートや、筆者も先輩ライターの高橋敏也氏と登壇したが、この辺りは省略する。インサイダーによるLightning Talkも盛り上がりを見せ、「フィードバックHub」上で利用できる機械翻訳の強化を訴えるインサイダーや、Windows 10の後方互換性を試したレポート、OnDriveオンデマンド機能の実験を報告するインサイダーなど、多彩なセッションが行われた。

次回開催は未定だが、春日井氏は年内を目標に第3回を開催したいと語っていた。第1回、第2回とイベントを取材してきて感じるのは、Windows 10に対するユーザーの「熱量」である。Windows 95デビューから数えて20数年。広く利用されると同時に愛されるWindows 10の未来は明るい。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)

関連記事(外部サイト)