Yahoo!カテゴリがサービス終了へ「ディレクトリ型検索は一定の役割終えた」

Yahoo!カテゴリがサービス終了へ「ディレクトリ型検索は一定の役割終えた」

画像提供:マイナビニュース

ヤフーは、ディレクトリ型検索サービス「Yahoo!カテゴリ」について、2018年3月29日をもってサービスを終了すると発表した。

Yahoo!カテゴリは、1996年4月1日の「Yahoo! JAPAN」開始当初から提供しているサービスの一つで、「エンターテインメント」「ビジネスと経済」などのカテゴリをたどって目的のサイトを探す「ディレクトリ型検索」を採用。掲載しているサイトは、「サーファー」と呼ばれるスタッフが一つずつカテゴリごとに分類して登録したもので、現在は約80万サイトをそろえる。

ヤフーはYahoo!カテゴリの終了理由について、サービス開始からこれまでにインターネットを取り巻く環境が大きく変化したことを挙げている。

具体的には、サイト数の爆発的な増加や技術の進歩により、プログラムがサイト情報を自動的に収集する「ロボット型検索」が誕生。Yahoo! JAPANにおいても「Yahoo!検索」がWeb検索の主流になったほか、SNSの普及に合わせて「Yahoo!リアルタイム検索」なども提供を開始した。こうした動向を踏まえ、ヤフーは「ディレクトリ型検索は一定の役割を終えたもの」と判断。Yahoo!カテゴリの終了を決定した。

なお、Yahoo!カテゴリへの登録審査サービスである「Yahoo!ビジネスエクスプレス」も、2017年7月31日をもって販売を終了する。

関連記事(外部サイト)