レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ、新社長にロバート・スチーブンソン氏

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ、新社長にロバート・スチーブンソン氏

画像提供:マイナビニュース

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは、2017年6月28日付けで社長の交代を行い、現在日本おけるデータセンター事業統括であるロバート・スチーブンソン氏が代表取締役社長に就任したことを発表した。

前社長の留目真伸氏は取締役に就任する。ほか新たにスミア・バティア氏が取締役に、橘一徳氏が執行役員に就任する。

ロバート・スチーブンソン氏は、1978年にColby College Waterville Maine USA BS, Asian-Studies & Economicsを卒業し、1980年にディーアイシー(旧 大日本インキ化学工業)入社。以降30年以上にわたって日本のビジネスに関わり、その間Documentum、EMC-DELL、VCEなど世界的IT企業の日本法人でマネジメント経験を積み、BEA Systemsと日本アバイアでは日本法人社長を務めた。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)