ASRock、Ryzen対応のMini-ITXマザーボード 2モデル

ASRock、Ryzen対応のMini-ITXマザーボード 2モデル

画像提供:マイナビニュース

マスタードシードは6月30日、AMD Ryzenシリーズに対応したMini-ITXマザーボードとして、AMD X370チップセットを搭載した「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」とAMD B350チップセットを搭載した「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」の取り扱いを発表した。

どちらもゲーミング向けの製品で、7月12日の発売を予定する。店頭予想価格は「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」が税別18,500円前後、「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」が税別14,800円前後。

○Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac

高密度ガラス繊維PCBやプレミアム パワーチョーク、ニチコン製12Kブラックコンデンサなど、高品質のコンポーネントを用いたASRock独自のスーパーアロイ設計を採用する。PCI Express x16スロットはスチールで補強。通信機能としてギガビット対応有線LANに加えて、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LANを備える。このほか、サウンド機能ではCreative Sound Blaster Cinema3を搭載する。

○Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac

「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」と同じく、スーパーアロイ設計を採用するほか、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LANやCreative Sound Blaster Cinema3を搭載する。