Windows 10ミニTips (195) ディスプレイの切り替えをショートカットファイルで実行する

Windows 10ミニTips (195) ディスプレイの切り替えをショートカットファイルで実行する

画像提供:マイナビニュース

○機能の要は「DisplaySwitch」コマンド

Windows 8.x以降、ディスプレイの出力方法は「Win」+「P」キーを押すと現れるバーから切り替えられる。主にプレゼンテーション(プレゼン)時に用いることが多い機能だが、登壇時は話すことに夢中で、ついつい操作を忘れがちだ。

筆者の拙い経験で、とある会場でPowerPointを最小化してデスクトップ上でデモンストレーションを行うとき、出力方法を切り替える必要があった。慌ててしまい、先のショートカットキーを瞬時に思い出すことができなかったのである。

ディスプレイの切り替え機能は、ショートカットキーだけなく、コマンドラインからでも呼び出せるのだ。「DisplaySwitch.exe」を実行すると、ショートカットキーを押した状態と同じく、切り替え機能が現れる。

さらにDisplaySwitchコマンドにはオプションが用意されており、「/internal」を付ければ「PC画面のみ」、「/clone」は「複製」、「/extend」は「拡張」、「/external」は「セカンドスクリーンのみ」を選択した状態となる。

このコマンドラインを、ショートカットファイルとして作成すればよい。プレゼン会場に合わせて切り替えるショートカットファイルを用意しておけば、企画提案などもスムーズに進むはずだ。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)