マイナス10度の氷漬けから動き出す - パナソニック、頑丈設計の12型着脱式PC「TOUGHBOOK CF-33」

マイナス10度の氷漬けから動き出す - パナソニック、頑丈設計の12型着脱式PC「TOUGHBOOK CF-33」

画像提供:マイナビニュース

●キーボードを取り外せる堅牢12型タブレット
パナソニックは5日、頑丈設計の12型着脱式タブレットPC「TOUGHBOOK」シリーズ新モデル「CF-33」を国内発表した。9月下旬から販売開始する。価格はオープン。直販価格は税別436,200円。

同日、都内で開催された発表会の冒頭では、パナソニックの専務執行役員であり、BtoB事業を手がける社内カンパニー、コネクティッドソリューションズの社長に4月1日付けで就任した樋口泰行氏(元日本マイクロソフト会長)が挨拶。

「今日発表するFC-33はフラッグシップのモデル。ゴツく見えるが120cmからの落下に耐えるなど、大変堅牢に仕上がった。あらゆる現場で役に立つと確信している。最新のテクノロジーを駆使しながら、何より手に取って使う現場主義の製品開発を進めていきたい」と今後への期待を述べた。

○キーボード部分を取り外せる堅牢12型PC

「CF-33」は、キーボード部分を取り外して12.0型のタブレットPCとしても使用できる、デタッチャブルPC。従来モデルからさらに小型化、軽量化を進め、災害現場や物流業界といった通常のIT機器が使えない環境などへ、より広い活用を目指す。

2010年に初代モデルが発表された「CF-31」の後継機で、着脱式の本体形状は2016年に発表された10.1型モデル「CF-20」がベース。海外での発表は日本よりひと足早く、2017年2月にスペインで開催されたMWC 2017で公開されている。

CF-33のディスプレイサイズは12.0型。解像度は2,160×1,440のQHDで、10.1型WUXGA解像度だったCF-20からディスプレイサイズ、解像度ともに向上した。アスペクト比は3対2で、縦状態の表示も最適化した。輝度は2〜1200cd/平方メートルと高く、屋外で直射日光が当たる屋外作業でもディスプレイが見やすいとする。駆動時間は、標準のSバッテリ搭載時で約12.5時間。カスタマイズでLバッテリに変更すると、最大25時間駆動する(いずれもキーボード装着時)。

●日本市場に堅牢PCは受け入れられるか
コネクティッドソリューションズ モバイルソリューション事業部 CF-33プロジェクトリーダーの上田大氏は、同社の堅牢PC・タブレット「TOUGH」シリーズの活用シーンとして、頑丈だけでなく、画面サイズの大きさと文字のみやすさ、軽量、拡張性の需要があると紹介。加えて、現場作業はタブレット、移動時や事務所に戻ってからの作業はクラムシェルと、使い方に変化があることがわかり、これらの声を受けてCF-33を開発したという。

120cmの落下試験やIP65準拠の防塵防滴性能、耐振動MIL規格に準拠。落下試験をクリアするため、タブレットとキーボードの接続は中央のみでなく、底部全体をガードで覆う設計を採用。また、閉じた際にタブレットとキーボード部がかみ合う設計になっており、力が一点に集中することを避けた。タブレットとキーボードをつなぐロック構造は、接続時にロック用のパーツが自動で回転し、はずれにくい機構となっている。

このほか、手袋で操作できる「手袋モード、水濡れ時に操作できる「水濡れモード」、ペン対応など、TOUGHシリーズで採用している機能も取り入れている。

○日本市場を伸ばしていきたい

コネクティッドソリューションズ 常務 モバイルソリューションズ事業部長の坂元寛明氏は、CF-33の開発にあたり、前身であるCF-31を使っているユーザーの声を徹底的に聞いたという。CF-31は7年前のモデル。プラットフォームが古く、重量も重い。文字が見やすい大画面は継続したい、という声を受け、小型軽量化したCF-33の開発に活かした。

TOUGHシリーズは、サイズ感や重さなどが大きく、海外では需要が多いが国内では受け入れられにくいという。しかし、1年前に"トライアル"として国内発表したCF-20が、自動車会社の整備点検や、消防・救急などで受け入れられており、「国内のPC市場が縮小しているなかで、日本では2016年度、TOUGHシリーズの販売台数が112%の伸びを見せた」という。

今回、CF-33の投入で、2017年のTOUGHシリーズ販売台数の目標値を、2016年の4万台から1万台増やした5万台とし、「目標は年成長率20%。日本市場を伸ばしていきたい」と自信を見せた。

CF-33の主な仕様は、CPUがIntel Core i5-7300 vPro(2.60GHz)、メモリが8GB、ストレージが256GB SSD、グラフィックスがIntel HD Graphics 620(CPU内蔵)、光学ドライブが非搭載、カメラ機能がフロント200万画素(顔認証対応IRカメラ)・リア800万画素など。

通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1、Gigabit準拠の有線LAN。ワイヤレスWANはオプションで選択できる。

インタフェースは、タブレット本体がUSB 3.0×1、HDMI×1、LANコネクタ。キーボード部がUSB 3.0×2、USB 2.0×1、LANコネクタ、シリアルコネクタ、HDMI×1、D-Sub×1。

本体サイズと重量は、タブレット本体がW308.0×D243.6×H21.6mmで約1.53kg。キーボード装着時がW313.0×D288.4×H46.1mm。
(村田奏子)

関連記事(外部サイト)