バッファロー、外付けHDDの劣化状況を通知する故障予測サービス

バッファロー、外付けHDDの劣化状況を通知する故障予測サービス

画像提供:マイナビニュース

バッファローは5日、同社製外付けHDDおよびポータブルHDDの故障予測サービス「みまもり合図」を発表した。7月5日より提供を開始する。本サービス用のクライアントソフトは、同日よりソフトウェアダウンロードページにて公開する。サービス料金は無料。

PCに接続されている外付けHDDのS.M.A.R.T.情報をクラウドに蓄積・把握することで、HDDの状態判定を通知するサービス。HDDの故障によるデータ消失を未然に回避することが可能で、対象製品はUSB 3.0 / 2.0接続の同社製外付けHDD、およびポータブルHDD(AV向け製品を除く)となる(Window・Mac対応)。

サービスの提供は、対象製品を接続しているPCにクライアントソフト「みまもり合図」をインストールするだけ。HDDの劣化が進行するとアラート通知され、その番号を専用サポート窓口に電話かメールで連絡することで適切なサポートが受けられる。

専用サポート窓口では、バックアップの案内や新しいHDDへデータを移行する有償サービスなどを提供する。
(リアクション)

関連記事(外部サイト)