クリエイティブ、32bit/384kHzのハイレゾ再生に対応したPC用サウンドカード

クリエイティブ、32bit/384kHzのハイレゾ再生に対応したPC用サウンドカード

画像提供:マイナビニュース

Creative Technologyの日本法人であるクリエイティブメディアは7月5日、最大32bit/384kHzのハイレゾ再生に対応したゲーミングサウンドカード「Sound BlasterX AE-5」を発表した。7月下旬の発売を予定し、同社の直販サイト「クリエイティブストア」での価格は税別15,800円。

PCI Express x1接続に対応したPC用サウンドカード。D/Aコンバータとして、ダイナミックレンジは122dBのESS Technology製「ES9016 SABRE32 Ultra DAC」を採用する。Windows 10環境において、「ダイレクト出力」モードや「ダイレクトヘッドホン出力」モードを選択することで、最大32bit/384kHzのハイレゾ出力が可能だという。また、左右のチャンネルを独立したアンプで駆動する「Xamp」によって、インピーダンスが16Ωから600Ωの幅広いヘッドホンに対応する。

Creative独自のオーディオプロセッサ「Sound Core3D」を搭載。Windows用ソフトウェア「Sound Blaster Connect」から、バーチャルサラウンドや低音の強化、ボーカルやセリフ等の強化といったオーディオプロファイルの利用やオーディオ設定のカスタマイズが可能だ。マイクを使用する際にはノイズやエコーの低減や、ボイスチェンジ機能も利用できる。

ゲーム向け機能としては、「Scout Radar」と「Scout Mode」という機能が利用できる。「Scout Radar」は、ゲーム内で発生した音の方向や距離を、同一ネットワーク上にあるスマートフォンやタブレット上にアプリを通じて可視化する。一方の「Scout Mode」は、遠くで発生した足音などが聞き取りやすくなる。

また、本体にLEDを内蔵するほか、外部LED用コントローラを備え、付属のLEDテープを接続してPCケース内などをライトアップできる。

主な仕様は、アナログ出力が、最大32bit/384kHzステレオ(ライン出力1/ヘッドホン出力へのダイレクト出力時)、または最大32bit/96kHz ステレオ/5.1ch。デジタル出力が最大24bit/96kHz ステレオ。アナログ入力が最大32bit/96kHz ステレオ(ライン入力)/モノラル(マイク入力)。入出力端子は、3.5mmヘッドホン出力×1、3.5mmライン出力×3(ヘッドホン出力と排他)、光デジタル出力×1、3.5mmライン/マイク入力×1。

本体サイズは約W145×D20×H128mm。重量は約215g。

なお、クリエイティブストア限定でホワイトモデルである「Pure Edition」の販売も予定する。通常モデルではLEDテープが1本付属するのに対し、「Pure Edition」では4本付属するという。発売時期や価格は未定。

関連記事(外部サイト)