ファーウェイのスマートデバイス群、最後のピース? - デバイス・プレジデントの呉波氏に聞く新PC「MateBook」

ファーウェイのスマートデバイス群、最後のピース? - デバイス・プレジデントの呉波氏に聞く新PC「MateBook」

画像提供:マイナビニュース

●一貫したUIやユーザー体験を提供
ファーウェイ・ジャパンが発表したノートPCの新製品「MateBook X」「MateBook E」。同社が昨年(2016年)7月に発表した「MateBook」に続く2世代目のPC製品となり、従来の2in1タイプの後継機種であるMateBook Eに加えて、一般的なクラムシェルタイプのMateBook Xも投入される。新製品の狙いや販売戦略について、デバイス部門で日本と韓国を統括する呉波(ゴ・ハ)氏に話を聞いた。

キーボードカバーと併用する2in1モデルだった初代MateBookは、薄型軽量ボディに12インチの2Kディスプレイ、指紋センサーといった特徴を備えており、ファーウェイ初のWindows PCとして一定のシェアを獲得した。具体的な数字は示されなかったが、呉波氏は「グローバルでは予想以上、日本では想定通りの数字だった」という。

順調な販売状況を受けて「自信を持った」(呉波氏)結果、投入されるのが今回の新モデル。グローバルでは15.6インチディスプレイに外部GPUを搭載する「MateBook D」もあり、日本では「投入にふさわしいタイミングを考えている」(呉波氏)そうだ。

PC市場は縮小傾向にあり、そのなかで唯一、2in1やUltrabookジャンルは伸びている。今回の2製品はここに向けた製品だが、そもそもファーウェイがPCを投入したのは、「スマートデバイスのラインナップを構成するため」と呉波氏は話す。スマートフォン、タブレット、PC、ウェアラブルというスマートデバイスにおいて、ファーウェイのラインナップにはPCが欠けていたため、ラインナップを完成させるために投入されたのがMateBookだ。

呉波氏は、このスマートデバイスのラインナップにおいて、一貫したUIやユーザー体験を提供することを狙っているという。例えば、MateBook Xが持つ指紋センサーが一体となった電源ボタンは、スマートフォンと同様の使い勝手を実現するし、スマートフォンのように狭額縁で一定のディスプレイサイズを確保しながらコンパクト化を図ったのも同じ考え方だ。

「従来のPCはスマートフォンのような狭額縁は実現できていなかった」(呉波氏)ため、ディスプレイメーカーと一緒にイノベーションに取り組んだと呉波氏は強調。「ハードウェア面でユーザー体験の一体感を実現できるようにした」(呉波氏)としている。

ほかにも、Kaby Lake世代のIntel Core i7-7200Uを搭載しながらファンレスを実現したことで、従来にはない薄型軽量を可能にするなど、さまざまな技術を投入。

「複雑ではないし、とてつもない発明というわけではないが、スマートフォンで培った経験と技術の蓄積の成果と、消費者の声を積極的に取り入れたから実現できた」と呉波氏はアピールする。今後も「ハードウェア、ソフトウェアのどちらでも、ユーザー体験を高めていけるように取り組んでいきたい」(呉波氏)とした。

●PCの購買意欲を高めるには
日本市場では、主に家電量販店において、ポータブルルーターとのセット購入でPC価格を割り引く商法がある。呉波氏は「日本だけの商習慣」とするが、5万円ほどの割り引きが行われることが多く、これを利用してより高額で高機能な製品が選ばれる傾向があるという。

MateBookでは、価格だけで勝負するのではなく、イノベーションによって商品の魅力を高めて新たな需要を喚起したい考えた。現在、日本のPC市場は縮小傾向だが、これは3年前にファーウェイがSIMフリー市場に参入したときの、タブレット市場が同様の状況だったと呉波氏は振り返る。当時も一貫したユーザー体験の提供とイノベーションの継続を掲げ、Androidタブレット製品を提供してきた結果、今年に入ってタブレット市場は縮小から反転し、呉波氏は今後もこの傾向が継続するとみる。

同様のことを、PC市場でも再現しようというのが狙いだ。PC市場が縮小している一番の理由として呉波氏は、「技術革新に乏しく、新モデルを出す回数が減っている」と指摘。消費者が新しいPCを買おうと思っても

「2年前に買ったPCと本質的な違いを見いだせないため、購買意欲が薄れている」(呉波氏)。

呉波氏自身、今後1〜2年はPC市場の縮小は継続すると予想している。そうしたなか、新たなユーザー体験の提供とイノベーションの継続で消費者のライフスタイルに変化をもたらし、PCを含めたスマートデバイスの利用を促進していくことで、PC市場の活性化を目指す。

また、日本の法人市場に関してだが、初代MateBookは法人市場を想定しておらず、法人からの問い合わせはあったものの、家電量販店やオンライン販売が主力だった。MateBook XやMateBook Eでは、Core i5とCore i7モデルを投入したことで、法人市場で求められるパフォーマンスが確保できるようになった。そこで、8月には法人向けモデルも投入し、法人市場に本格参入する計画だ。

すでにファーウェイは法人向けにサーバー製品を展開しており、法人市場に対して「第一歩を踏み出している」(呉波氏)。今回のMateBookによって「第2歩」を進め、法人、オンライン、家電量販店での販売割合が3割ずつになることを期待しているそうだ。

とはいえ、現時点ではPC販売に関して「明確な数値目標は立てていない」(呉波氏)という。PC業界では新規参入のため、呉波氏は「基盤をしっかり築いて、細かいところもちゃんとやって、消費者に気に入ってもらえれば口コミで利用者が拡大していくものだと思っている。まずは製品に触ってもらって、技術革新とか最先端の技術、他社との違いを体験して欲しい」と結んだ。
(小山安博)

関連記事(外部サイト)