プログラミング教育向けドローン&ホバークラフト「Airblock」 - 7つのパーツが磁石で合体、アプリで多彩な動きを

プログラミング教育向けドローン&ホバークラフト「Airblock」 - 7つのパーツが磁石で合体、アプリで多彩な動きを

画像提供:マイナビニュース

●Makeblockの知育ロボットをソフトバンクC&Sの販路で
○Makeblockの知育ロボットをソフトバンクC&Sの販路で

ソフトバンクコマース&セールス(以下、ソフトバンクC&S)は7月6日、中国Makeblock社のプログラミング教育向けドローン「Airblock」の取り扱いを発表した。7月14日から発売する。参考価格は22,000円(税別)で、全国の量販店およびオンラインストアでの販売を予定している。7月6日に行われた発表会の内容をお伝えしよう。

Airblockは、バッテリー込みで約150gと軽量なドローンで、スマートフォンおよびタブレットでコントロール可能だ。ドローン本体が7つのブロックに分かれており、3つのモード(ドローン、ホバークラフト、水上ホバークラフト)で簡単に組み立てられる。コントロールはScratch風のプログラミングで行い、小学校の低学年でもプログラミング的思考が行えるという「知育ロボット」(対象年齢は8歳〜)である点が特徴だ。

Makeblock社のJasen Wang氏は、創業から4年のスタートアップながらSTEM(Science, Technology, Engineering and Mathematicsの頭文字を取ったもの)教育ロボットのパイオニアとして、社員数450名、売上高約220億円と急成長を遂げたことを紹介。DIYロボット用のプラットフォームからスタートし、ロボットキット、そして今回のドローンと領域を拡大してきた。

売り上げの70%が中国以外の地域と、Makeblock社は創業当初からグローバル展開を進めていた。日本にも昨年(2016年)に支社を設立し、いち早くAirblockを投入して市場の拡大に努めるという。ソフトバンクC&Sの強力な流通経験と、Makeblockのグローバル経験を生かした展開を行っていく考えだ。

日本のマネージャーとなるChris Liu氏は、日本のSTEM教育はまだ遅れているものの、文科省や経産省からSTEM教育に関する指針が出ており、今後の拡大を予測する。Makeblockは高品質で手ごろな価格の製品を投入し、文科省や教育委員会にも働きかけて予算を確保、そしてSTEM人材を育成することで日本市場へアプローチしたいと述べた。

今後の展開に関しては、8月に秋葉原にオフィスを開設し、9月から公立学校への導入を計画している。また、来年の2018年にはロボット・コンテストも予定しており、合わせてMakeblock社の製品体験イベントやワークショップを全国で開催する。

●ぶつかってもバラバラになる構造で安全性に配慮
○ぶつかってもバラバラになる構造で安全性に配慮

発表会の後には体験会が行われた。Airblockのドローンは、操作アプリをインストールしたスマートフォンを近づければBluetoothペアリングが完了し、比較的簡単に操作できる。操作アプリの画面には、GUIのスティックといくつかのボタンがあり、自分のプログラムを割り当てることによって、単なる操縦だけでない動きを追加することが可能だ。

「操縦は比較的簡単」とはいっても、そこは空中を飛ぶドローン。なかなかうまく飛ばせず、壁に激突させる人が続出。Airblockのドローン本体は、中央のコントローラーとプロペラユニットが磁石でくっついているだけなので、ぶつかったときの衝撃は本体がバラバラになることで拡散している。また、発泡ポリプロピレンという軽くて弾力性のある素材を使っているため、身体に当たっても大きな衝撃や痛みはなく、安全性はそれなりに確保されている。

また、ベースユニットを変えると、ホバークラフトモードに変形する。地上ゆえに操縦は簡単かと思ったが、勢いが付くとなかなか止まらず、想定されているコース通りに動かすのは難しかった。

プログラミングは実際に体験できなかったが、いわゆるScratchなので、「Hour of Code」の経験があればすぐに使いこなせそうだと感じた。コマンドの箱を連結させて簡単にプログラミングできる。現時点でのサンプルを見た限り、8歳児にとっては難しい漢字が使われていたが、今後改善される予定とのことだ。
(小林哲雄)

関連記事(外部サイト)