Core Xがついに登場 - 新CPU発売で秋葉原が"熱く"盛り上がる

Core Xがついに登場 - 新CPU発売で秋葉原が"熱く"盛り上がる

画像提供:マイナビニュース

インテルは7月15日、同社のハイエンドデスクトップ向けCPU「Intel Core X」シリーズの発売記念イベントを秋葉原地区で開催した。秋葉原のPCショップ各店でマザーボードメーカーやPC系メディアがトークセッション行い、新CPUのパフォーマンスをアピールした。

Core Xシリーズは、IntelがCOMPUTEX TAIPEI 2017で発表した最新CPU。メインストリームであるCore iシリーズの上位モデルという位置付けで、新たに「Core i9」グレードが用意。4コアから最大18コアまでという幅広いラインナップをそろえる。

対応チップセットであるIntel X299を搭載したマザーボードは、6月下旬から店頭に並んでいるにも関わらず、CPU自体がなかなか登場しないという自体になっていた。7月14日時点で発売となったのは、10コア「Core i9-7900X」、8コア「Core i7-7820X」、6コア「Core i7-7800X」の3モデル、4コアの「Core i7-7740X」と「Core i5-7640X」は21日発売の予定だという。人気は8コアの「Core i7-7820X」で、15日の時点ですでに売り切れというショップもあった。

○"暑い"秋葉原でCore XとX299を"熱く"語る

イベントでは、秋葉原のPCショップ各店の店頭でASUS、ASRock、GIGABYTE、MSIといったマザーボードメーカーに加えて、アスキーとImpressがトークセッションを行った。

ASUSはゲーミングモデル「ROG STRIX X299-E GAMING」、高耐久モデル「TUF X299 MARK1」「TUF X299 MARK2」、メインストリームモデル「PRIME X299-DELUXE」「PRIME X299-A」の5モデルをラインナップ。ゲーミングブランド「ROG」のハイエンドモデルは、8月下旬の発売を予定する。

トークセッションでは、各モデルの特徴に加えて、X299シリーズで搭載された仮想RAID機能「Intel VROC」のデモを披露。PCIe 3.0 x4接続とU.2 SSDでRAIDを構築。Crystal DiskMarkでシーケンシャルリードが4,650MB/s、シーケンシャルリードが1959MB/sをたたき出した。

ASRockはTsukumo eX.店頭でオーバークロッカー清水氏による製品紹介とデモを行った。清水氏によると「イチオシはX299 Taichi」で、電源回路の強化のほか、最新世代のDr.MosやHyper BCLK Engineを搭載することで、前世代の「X99 Taichi」よりもハイエンドに近い設計になったという。

清水氏がテストしたところ、オーバークロッカー向けの「X299 OC Formula」に近い使用感とのこと。実際のデモも「X299 Taichi」を使用し、Core i9-7900Xを5.6GHzまでオーバークロックし、CINEBENCH R15のスコアが3000を突破、さらに負荷をかけない状態では6.1GHz駆動も実現した。

GIGABYTEは、ゲーミングブランド「AORUS」のハイエンドマザーボード「X299 AORUS Gaming 9」に搭載されたイルミネーション機能をアピール。メモリスロットに加えて、PCI Express x16スロット、チップセットのヒートシンク、バックパネルなどにLEDを内蔵し、"とにかく光る"モデルとなっている。

MSIは「X299 XPOWER GAMING AC」「X299 GAMING M7 ACK」「X299 GAMING PRO CARBON AC」「X299 GAMING PRO CARBON」「X299 TOMAHAWK」「X299 SLI PLUS」の6モデルを投入している。既存のZ200シリーズと同様に、ゲーミングに力を入れたラインナップだ。「X299 TOMAHAWK」の白基板モデルなど国内未発表のものもあるが、これについてはX299マザーボードの売れ行き次第で投入を検討したいとのこと。

アスキーはジサトライッペイ氏と"KTU"ことテクニカルライターの加藤勝明氏がセッションを担当。一方のImpressはテクニカルライターの高橋敏也氏と鈴木雅暢氏がそれぞれCore Xシリーズを解説した。
(千葉大輔)

関連記事(外部サイト)