約70万円のPCがなんと17万円に - マウスの訳ありセール情報公開第2弾

約70万円のPCがなんと17万円に - マウスの訳ありセール情報公開第2弾

画像提供:マイナビニュース

マウスコンピューターはこのほど、7月29日に長野県飯山市の飯山工場にて開催する「訳ありセール」の製品情報を追加した。ゲーミングPCやクリエイター向けPC、iiyama製ディスプレイなどを特別価格で販売する。中でもPascal世代のNVIDIA TITAN Xを2基搭載した「MASTERPIECE i1710PA1-SP」は、通常価格が税込701,784円のところ、73%オフの税込170,000円の大幅値引きとなっている。

「訳ありセール」は毎年夏に開催される恒例の特価販売イベント。わずかな擦り傷や凹みがある製品、化粧箱が汚れた製品を再整備し、動作確認した商品を「訳あり品」として特別価格で販売する。10回目となる今回はこれまでのPC本体やディスプレイなどに加えて、キーボード、マウス、ヘッドホンといったPC周辺機器も購入できる。

情報公開第2弾として紹介されている製品は、クリエイター向けPC「DAIV」のデスクトップPCや、ゲーミングPCブランド「G-Tune」のデスクトップPCとノートPC、iiyamaブランドのディスプレイだ。

特に注目なのが「G-Tune」のフラグシップである「MASTERPIECE i1710PA1-SP」。8コア/16スレッドのIntel Core i7-6900K、DDR4 32GB(8GB×4)、960GB SSD+3TB HDD、NVIDIA TITAN X×2、Windows 10 Home 64bitという超ハイエンド構成で、通常価格が税込701,784円のところ、なんと73%オフの税込170,000円で販売する。限定数は2台で争奪戦が予想される。

なお、今回は2017年7月25日から28日の9時から17時30分まで、入場整理券の事前配布を行う。入場整理券がない場合は、当日先着順での入場となる。

関連記事(外部サイト)