Mozilla JapanからWebDINO Japanへ - コミュニティがあらためて集結

Mozilla JapanからWebDINO Japanへ - コミュニティがあらためて集結

画像提供:マイナビニュース

●新旧・さまざまなMozillaコミュニティメンバーが集結
既報の通り、Mozillaの公式支部として日本での活動を続けてきたMozilla Japanが、この7月から社名をWebDINO Japanに変更した。新しい名前の由来は、Webの「多様性=Diversity」、「国際化=Internationalization」、「中立性=Neutrality」、「公開性=Openness」の意味が込められている。もちろん、これまで通り、Firefoxの日本語版の配布およびMozilla製品に関する公式情報の提供は、米国Mozillaの公式サイトで継続される。今回、組織名変更後、初となるMozillaコミュニティミーティングが開催された。

○新旧・さまざまなMozillaコミュニティメンバーが集結

これまでもFirefoxの普及活動、オープンソースの啓発やWeb標準技術の推進で大きな役割を担っていたのが、ボランタリーで活躍するコミュニティである。Mozillaのコミュニティといっても、1つの大きな組織があるわけでなく、個々人の関心ごとにその活動はさまざまで、自発的な活動グループが個別に存在する。今回、Mozilla Japanが組織名を変える際、こうしたMozillaのコミュニティメンバーには事前の予告がされていたが、今回、あらためてWebDINO Japanとなった新組織の呼びかけで、7月15日にMozilla関連の活動をリードするメンバー、過去に携わったメンバーなどが集まるミーティングが開催され、今後のMozillaの活動方針などについて話し合いが行われた。

まずは、Mozilla関連のコミュニティ活動をいくつか紹介しよう。

製品L10N(日本語版作成)コミュニティ
ドキュメント翻訳コミュニティ
ニュースと相互ユーザーサポートのMozillaZine.jp
Firefox学生マーケティングチーム

日本では、ローカライズ作業(Localizationを略してL10Nと呼ばれている)からコミュニティに参加するメンバーが多いと聞く。なかでも重要なのが日本語版制作に携わる製品L10N。FirefoxやThunderbirdは、80か国語以上の言語に対応したバージョンが配布されているが、こうした各国語対応も有志のボランティアによって作業が行われている。その他、Web開発の現場でお世話になるMDN(Mozilla Developer Network)の技術文書やユーザーサポートのためのドキュメントを日本語に翻訳する翻訳のグループなどもある。翻訳作業以外にもFirefox学生マーケティングチームのように、啓蒙活動や勉強会の開催、さらにはちょっと楽しめるイベントの企画など、学生らしい活動も自主的に行っている。日本では、公式支部としてMozilla Japanという組織が存在しつつ、こうしたコミュニティが大きな役割を担ってきたといえる。

今回、さまざまなコミュニティから一同に集まったのも稀有なものとなった。

○Mozilla Japanのこれまでの活動

ミーティングの冒頭、WebDINO Japan代表の瀧田佐登子氏から、社名変更の経緯などが紹介された。その前に、ちょっとだけ歴史を振り返ってみたい。実は、Mozilla Japanの設立(2004年)は、Mozilla Corporationの設立よりも1年ほど早く、当時からMozilla のコミュニティ活動が活発だった日本に向けてのマーケティング活動を行うため、Mozilla Foundationの公式支部として設立された。当時はヨーロッパなどにも同様の組織が存在していたが、今では、特定の地域や国のマーケティングを行う組織は、日本以外になく、基本的にMozillaのマーケティング活動は、米国Mozilla Corporationがグローバルに向けて行っている。

いわば、Mozilla Japanは、現在のMozillaの組織の中では特異な存在となったわけだが、ここへきて、組織としての枠組みをグローバルに合わせる必要が出てきたため、今回の組織名変更に至ったという。Mozilla Japanは、日本の市場に向けて設立された組織ということもあって、この13年間、つねにローカルやアジアのことを念頭に、独自の活動にも力を入れてきた経緯がある。Webを組み込みプラットフォームとして広げるためのProject GEM(Gecko Embedded)やFirefox OSなどにも積極的に取り組み、大学での教育プログラム支援など独自の活動も行ってきた。

今回、今後も同様の活動を継続しつつ、Mozillaの活動は、あえてコミュニティの立場に立ち返って続けていく道を選択した。そのためには、Mozilla Corporation配下のマーケティングオフィスではなく、独立したブランドの組織に変える必要があった。今後は、Mozillaにとっても日本のコミュニティにとっても、次に繋がる活動を目指すという。

●変わること、変わらないこと
○変わること、変わらないこと

今回のミーティングでは、日本のMozillaコミュニティとして、今後どのように情報の発信を行っていくか、組織名変更で変わること、変わらないことについての確認も行われた。

まず、大きく変わることであるが、WebDINO Japanは、Mozilla Corporationとは、完全に別の組織となり、Firefoxの配布元という立場ではなくなる。その結果、たとえばこれまでMozilla Japanが提供してきたリリースノートの日本語版などは、WebDINO Japanとしては提供することはできなくなる。ちなみに、他国でリリースノートをローカライズしているというケースはほとんど見られないようだ。またこれまでMozilla Japanの公式サイトとして機能してきたmozilla.jpというドメインは、日本のMozillaコミュニティとしての利用は認められ、7月以降は、日本のユーザー向けに有益な情報を集約するコミュニティ運営のポータルサイトになる予定だ。

ミーティングでは、mozilla.jpの管理を共有するためのプロセスなどについても議論が行われた。また、日本で作成されたマスコットキャラクタ「フォクすけ」の利用について質問が出たが、Mozilla Japanで管理していた商標などの知財は、フォクすけを含めすでにMozilla Corporationに移管されているが、フォクすけに関してはCreative Commonsライセンスであるため、CC-BY-NCの範囲内での利用にあたっては、特に問題はないであろうとの見解であった。

○WebDINO Japanの目指すもの

今後も、Firefoxのプロフェッショナルであることに変わりはないが、他のブラウザを含め、より広いレベルでWebを推進する活動をしていきたい。これまでもWebをより良くするというミッションのためにFirefoxというプロダクトを通じてそれを伝えてきたが、FirefoxブランドではないオープンソースのGeckoを使った仕事はもちろん、場合によっては、他のレンダリングエンジンを使った仕事に関わっていくこともあるだろう。

会の最後に、瀧田佐登子氏は、以下のように語った。

Firefoxをはじめとした、Mozillaのプロダクトとは 20年以上の付き合いがあり、ネットスケープのオープンソース化など、思い入れもある。しかし、そのことにとらわれすぎていても世の中は良くならない。すでに技術が出揃ってきていて、本格的に使うフェーズともいえる今のWebにとって何が必要なのか。Mozillaが持っている資産は山のようにある。それを使える土壌を作っていく必要があるとも思っている。Mozilla Japan設立の2004年以来、Webがプラットフォームになる時代が来るとずっと言い続けてきた。必ずしも、Firefoxがプラットフォームになるという意味ではないが、IoTの普及が迫るなか、それが実現できる形が見えてきた。デバイスも小さくなり、その対応はどうすべきか、そんなことの検討もオープンにやっていきたいと考えている。こうした活動でこの市場が拡大し、ひいては Mozilla自体のプロダクト作りにもヒントを与えられる存在になれたら嬉しい。

最後に、この日、発表されたWebDINO Japanの新ロゴを紹介しよう。

ミーティングの折に発表され、参加者にステッカーが配布された。WebDINO Japanおよび日本のMozillaコミュニティの今後の活動については、情報があればまた紹介したい。
(c-bou)