Razer、左右対称デザインのワイヤレスゲーミングマウス「Lancehead」

Razer、左右対称デザインのワイヤレスゲーミングマウス「Lancehead」

画像提供:マイナビニュース

Razerは7月21日、左右対称デザインを採用したワイヤレスゲーミングマウス「Razer Lancehead」の国内販売を発表した。7月28日に発売し、希望小売価格は18,144円。

独自のAdaptive Frequency Technologyを搭載したゲーミングマウス。無線LANやBluetoothなど混雑する2.4GHz帯域での混信を避け、正確なデータ転送を高速で行うことで、マウス操作時のラグの発生を抑えるという。付属のケーブルによってマウス本体の充電だけでなく、有線マウスとしても使用できる。

センサーは最大16,000DPIの5Gレーザーセンサーを搭載し、210IPSの対スピード性能、50G加速性能を実現する。ボタン数は9で、左右のメインボタンには5,000万回のクリック耐久性を備えたオムロンスイッチを採用する。

Razer製品向けのユーリティティ「Synapse 3」(現在ベータ)に対応。ボタンの割り当てやマクロなどの設定を、マウス本体のオンボードメモリとクラウドの両方に保存することができる。このほか、イルミネーション機能「Chroma」をサポートする。

ポーリングレートは最大1,000Hz。バッテリー駆動時間は最大24時間(バックライト使用時)。本体サイズW126×D71×H38mm、重量は113g。対応OSはWindows 7以降、macOS 10.9以降。

関連記事(外部サイト)