300機のドローンが夜空に描く"光のアート" - ハウステンボスで日本初のIntelドローン・ライトショー

300機のドローンが夜空に描く"光のアート" - ハウステンボスで日本初のIntelドローン・ライトショー

画像提供:マイナビニュース

●夜空にIntel入ってる
ハウステンボスとhapi-robo stは、ハウステンボス開業25周年を記念したスペシャル企画として、300機のドローンを使った「Intel Shooting Starドローン・ライトショー」を7月22日からスタートした。8月5日までの2週間、毎日上演される。今回は開催初日のショーを見ることができたので、その模様をお届けしたい。

○ドローン・ライトショーが日本初上陸

「Intel Shooting Starドローン・ライトショー」は、エンターテイメント向けに設計されたIntel製ドローン「Shooting Star」によるショーで、これまでオーストラリアやドイツ、メキシコ、シンガポール、アメリカで計100回以上開催されているが、日本では初となる。

日本初のショーを実現させる原動力となったのは、ハウステンボスの情熱だろう。今回のイベントの仕掛け人といえるハウステンボス 取締役 兼 CTO/hapi-robo st 代表取締役 社長の富田直美氏は、早くからドローンに注目。特に空撮に魅力を感じ、ドローンメーカー大手であるDJIのインストラクターライセンスを取得するまでのめり込んだという。

ドローンを使ったイベントを考えていた富田氏は、自らドローンを開発しようと国内から人材を集めたが、一度はあきらめてしまっていた。そのころ、Intelがドローンを使ったライトショーを行っていること、さらにアメリカのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでドローン・ライトショー「Starbright Holidays, An Intel Collaboration」を開催したことを知り、「日本ではわれわれが初めにやるべきだ」と日本での実現に向けて取り組みを開始した。

初めは「ハウステンボスを分かってもらう」ところからのスタートだったが、Intel本社のスタッフを招待し、海の近くという立地やGPSの信号が受け取りやすいこと、ドローンの開発に向けて集めた優秀なエンジニアリングチームがいることなどをアピール。熱心なアプローチが実を結び、実現までこぎつけた。

○Intelにおけるドローン・ライトショーの位置付け

Intelは2016年に自社ブランドによるドローンの提供を開始。現在、チップやボードを含めた開発プラットフォームの提供をはじめとして、今回実施するようなライトショーの運営、高所や災害現場での点検や監視活動といった商用向けのシステムソリューションといったビジネスを展開している。

Intelは製品を開発するためのチップやソフトウェアの提供をしているが、ドローン事業のように最終製品やイベント運営を手がけるのは稀有な例だ。ドローン事業はニューテクノロジー・グループと呼ばれる部門が手がけており、従来のIntelなかったビジネスにも積極的に取り組んでいる。

ライトショーのきっかけは、CEOであるBrian Krzanich氏の「たくさんのドローンを打ち上げてIntelのロゴを作ったらどうなるだろう?」という発言からだったと、Intelでドローン・ライトショーのジェネラルマネージャーを務めるNatalie Cheung氏は振り返る。実際にドイツでオーケストラの生演奏に合わせて100機のドローンを飛ばした「Drone 100」で、「エンターテイメント分野におけるドローンの利用に可能性を感じた」という。

Cheung氏は、ドローン・ライトショーを新しい「ストーリーテリング」の形であり、「新しい芸術」だと表現する。また、花火が禁止されている国にとって、花火の代わりとなるものだという。もちろん、花火が禁止されていない国では、どちらか一方だけでなく花火とドローン・ライトショーを同時に開催することで、相乗効果も狙えるとしている。

さらにドローン・ライトショーが持つ役割として「広告」を挙げる。従来のディスプレイ広告のような平面的なものではなく、ドローンでは360度見渡せる形や3Dで表現することが可能できると説明する。Intelのドローン・ライトショーはこの3つの要素すべてを含んだものだとアピールした。

○エンターテイメント向けドローン「Shooting Star」

ショーに使われるドローン「Shooting Star」は第3世代の製品。これまで100回を超えるショーの中で改良を繰り返してきた。実はハウステンボスで使う「Shooting Star」もプロペラをすべて一新したという。

サイズはW382×D382×H83mm、プラスチックと発泡体という素材に加えて、カメラなどを省くことで重量は330gと極めて軽量に仕上がっている。底面にはLEDを搭載し、赤/青/緑/白の4色を組み合わせて40億色のライティングが可能だ。通信には2.4GHz帯の無線を利用し、通信プロトコルは独自のものだ。

フライトシステムは、Intelが2016年に買収したドイツのスタートアップ「Ascending Technologies」が開発した「AscTec Trinity」をベースとし、通信には2.4GHz帯の無線を利用、通信プロトコルは独自のものだという。ドローン間の距離は最小1.5mで飛行できる。

ドローンのコントロールはパイロットとコ・パイロットの2名で行う。ただし、ドローンの動きはあらかじめプログラムされており、パイロットの役割は、フライトの開始とトラブルが起きた際にドローンすばやく安全に着陸させることだ。コ・パイロットはパイロットのバックアップとしての位置付けとなる。

「Shooting Star」の場合、安全性を高めるためにジオフェンス(仮想的な境界線)を2重に設けている。1層目の境界線に近付くと、ドローンはジオフェンスの内側に移動するように動作。何らかの理由で1層目の境界線を越え、2層目の境界線に近付くとドローンのモーターをオフにして、その場に落下する仕組みがとられている。これによりドローンが人や重要なものに落下することなく、安心というわけだ。

富田氏は、これらのハードウェアとソフトウェアを踏まえ「自分たちで開発しなくて本当によかった。作ってたらいまごろえらい目にあっている。このショーのためにぜい肉をそぎ落とした機体に加えて、運用システムまで完璧に仕上げられている。プロである私の目から見ても感動する」と賞賛した。

今回のショーでは、Intelがドローンのコントロールなどオペレーション全般を、ハウステンボスとhapi-robo stがショーの演出や関係省庁との交渉といった準備を担当したという。

ハウステンボスでのIntel Shooting Starドローン・ライトショーでは、300機のドローンがW120m×D120m×H150mの範囲を飛行し、夜空にエイが泳ぐ様子や地球のような球体が回転する様子、ハウステンボス25周年を意味する「HTB 25」、Intelのロゴなどが描かれる。

●ライトショーの様子を写真と動画で紹介
○写真と動画で見るIntel Shooting Starドローン・ライトショー

初日となる7月22日は花火大会「夏一番花火」との同時開催となった。第9回世界花火師競技会の海外代表決定戦として、ロシア代表の「SLK FIREWORKS」とカナダ代表の「GFA PYRO」が花火の美しさを競ったほか、デザイナーのコシノジュンコ氏プロデュースによる花火など18,000発の花火が打ち上げられた。

その後でドローン・ライトショーを開催。平原綾香さんの「Jupiter」に合わせて、ドローンが夜空を鮮やかに彩る。300機ものドローンがW120m×D120m×H150mという比較的狭い範囲に集まっているからか、"光の密度"が非常に高く、ドローンが形作るものがはっきりと分かる。さらに例えばエイがひれを動かす様子や、奥行きの表現にひきつけられた。観客からも大きな歓声が上がっていた。

ハウステンボスの「Intel Shooting Starドローン・ライトショー」は、8月5日まで毎晩開催される。開始時間は21時で上演時間は約8分間となっている。8月5日は「スペシャルテーマ花火」が開催されるため21時10分からのスタートを予定する。

会場の音響やドローンが表現する奥行き感など、実際にその場にいて見てみないと得られない感動がある。もし、期間中に長崎、そしてハウステンボスに訪れるならば、ぜひ体験してほしい。ちなみに7月28日までの平日限定で、ハウステンボスに入場しなくとも「Intel Shooting Starドローン・ライトショー」を鑑賞できる特等席が1名1,000円で用意されるとのことなので、こちらも合わせてチェックしてほしい。
(千葉大輔)

関連記事(外部サイト)