マルチレーンにより2倍の転送速度を実現する「USB 3.2」

マルチレーンにより2倍の転送速度を実現する「USB 3.2」

画像提供:マイナビニュース

USB 3.0の技術開発と普及活動を行なうUSB 3.0 Promoter Groupはこのほど、マルチレーン動作をサポートし、転送速度を従来の2倍に向上した新規格「USB 3.2」を発表した。現在、最終版のドラフトを策定中で、2017年9月に北米で開催する「USB Developer Days」で正式版をリリースする予定だという。

既存の物理層やエンコード技術を使いつつ、マルチレーン動作をサポート。それぞれ5Gbpsまたは10Gbpsの転送が可能な2つのレーンにより、2GB/s以上の転送速度を実現するという。

コネクタはUSB Type-Cを採用し、ホスト側とデバイス側の両方がUSB 3.2に対応する場合、既存のUSB Type-Cケーブル(SuperSpeed USB 10Gbps対応)が利用できるとしている。

2019年9月に最終版をリリースし、ブランディングおよびマーケティングのガイドラインはその後に策定する。

関連記事(外部サイト)