新たな取り組みを導入し、進化するマウスの「訳ありセール」 - あの目玉商品はどうなった?

新たな取り組みを導入し、進化するマウスの「訳ありセール」 - あの目玉商品はどうなった?

画像提供:マイナビニュース

●恒例のセールに参加
マウスコンピューターは7月29日、同社の生産拠点である飯山工場(長野県飯山市)にて、恒例の「訳ありセール」を開催した。10回目となる今回は、新たな試みとしてPC本体だけでなく、周辺機器やパーツの販売も実施。特価品を目指して長野県内外から参加が集まった。

「訳ありセール」は、マウスコンピューターが毎年夏に開催している恒例イベントで、店頭展示で使用した製品や、わずかな擦り傷や凹みがある製品、化粧箱が汚れた製品を再整備し、動作確認した商品を「訳あり品」として特別価格で販売する。2017年で10回目の開催となる。筆者は今年も取材だけではなく「買う側」としても参加した。

毎年改善されてきたセールだが、今回もいくつか従来から変わった点があった。まずはセールの開始時間が前回の8時から6時へと繰り上げられた。長野というと軽井沢など避暑地のイメージがあるが、飯山は盆地で日中はかなり気温が上がる。訳ありセールでは開場前に長時間並ぶという参加者が多かったため、体調面に配慮した形だ。

また、大きな変更点として整理券の事前配布を実施した。しかも、ただ配布するだけでなく、セール当日の朝まで行われる「点呼」にすべて参加しないと整理券が有効にならないという仕掛けだ。

整理券は7月25日から配布を開始、点呼は25日から28日まで1日3回、29日の朝に1回行われるので、最大で13回の点呼に参加することでようやく整理券としての効力を発揮する。マウスコンピューターによると、配布初日の25日から30人程度が整理券を受け取り、そのまま最終日まで点呼に参加した猛者はなんと23人もいたという。

筆者は28日の21時30分ごろに飯山工場に到着し、整理券を入手。この時点で番号は183番であった。その後は翌日29日4時45分から行われる点呼に備えて宿に戻った。

セール当日は夜半から強い雨が降っていたが、未明にはやみ、筆者が飯山工場に到着したころには曇り空となった。3時に起床し、4時30分ごろに会場に到着。すでに多くの人が並んでいる。整理券の点呼を待つ人以外にも当日の朝到着したという人も見受けられた。駐車場に止められた車のナンバープレートを見ると、長野県内はもとより、関東圏や関西圏から来た人も多いようだ。

点呼に参加した証明となるスタンプを押してもらって列に着く。筆者はちょうど列の中間くらいの位置だったので、最終的には350人前後が開場前に並んだと思われる。

●目玉商品以外にも掘り出し物も
○目玉商品以外にも掘り出し物も

今回の目玉商品は事前にいくつか公開されていたが、特に注目なのがPascal世代のNVIDIA TITAN Xを2基搭載したゲーミングPC「MASTERPIECE i1710PA1-SP」で、通常価格が税込701,784円のところ、なんと73%オフの税込170,000円で提供すると告知されていた。

一方で、会場を見てみると、例えば28型4Kディスプレイが7,000円、Windows Phoneとして話題をさらったMADOSMAが10,000円で販売されるなど、目玉商品以外にもお得な「掘り出し物」が豊富に取り揃えられていた。

また、今回はPC本体とディスプレイだけでなく、PCパーツの単体売りや周辺機器も用意。古い世代のCPUやグラフィックスカードなどもあったが、用途によってはまだまだ使えそうなスペックのものも多く、商品のリストを眺めているだけでも面白い。

○いよいよセール開始

6時となり先頭から順に会場入り。混雑を避けて20人から30人くらいの単位で入場していく。筆者は180番台だったが、およそ20分程度で売り場に入ることができた。

驚いたのは、開始からそれほど時間がたっていないのにもかかわらず、半分弱くらいの製品が手に取られていたことだ。会場奥に置かれていたディスプレイの一角はほぼなくなり、PCをが置いてあった棚も空きが目立っていた。「セールの魔力」のすさまじさを感じた。

パーツや周辺機器の方も盛況のようで、PC本体の会計を済ませてからもパーツを見るという人も多く、関係者に話を聞くと「来年も実施したい」とのこと。予定されていたセールの時間は6時から11時までだったが、9時45分くらいには終了。あっという間の4時間弱だった。

今年も盛況に終わった「訳ありセール」。年に一度の「祭り」としてすっかり定着した感があるが、整理券の事前配布やパーツの販売など、新たな取り組みで年々進化している。来年はどんなセールになるのか、いまからすでに楽しみだ。
(千葉大輔)

関連記事(外部サイト)