SteelSeries、高い反応速度を備えたe-Sports向けゲーミングマウス

SteelSeries、高い反応速度を備えたe-Sports向けゲーミングマウス

画像提供:マイナビニュース

SteelSeriesは8月1日(北米時間)、PixArtと共同開発した光学センサーを搭載したe-Sports向けゲーミングマウス「Sensei 310」と「Rival 310」を同社Webサイトにて発売した。価格は69.99ドル。日本国内での発売予定や価格は未定。

「Sensei 310」は、左右対処デザインを採用した8ボタン有線マウス。独自の分離式クリックボタンとシリコンサイドグリップを備える。一方の「Rival 310」は右利き用エルゴノミクスデザインの6ボタン有線マウス。

いずれもPixArtと共同開発した光学センサー「TrueMove3」を搭載。最大12,000CPI(Counts Per Inch)、350IPS(Inch Per Second)の性能を備え、トラッキングにおいて極めて低遅延かつ高い反応速度を実現するという。100から3500CPIまでは、マウスの移動距離と画面内におけるカーソルの移動距離が同じ「1-to-1トラッキング」に対応する。3500CPIを超える場合は、ジッターリダクション機能により、反応速度を低下させずに自然なマウス動作を可能とする。

インタフェースはUSB。加速度は50g。ポーリングレートは1ms。本体サイズと重量は「Sensei 310」がW70.39×D125.1×H38.95mm/92.1g。「Rival 310」がW70.1×D127.6×H41.8mm/88.3g。

関連記事(外部サイト)