Apple、8月9日配信開始の独占番組『Carpool Karaoke』の予告編を公開

Apple、8月9日配信開始の独占番組『Carpool Karaoke』の予告編を公開

画像提供:マイナビニュース

Appleは、米CBSの深夜トークショー『The Late Late Show with James Corden』の人気コーナー「Carpool Karaoke」のスピンオフ版を日本時間8月9日午前10時からApple Musicで配信する。現在、その予告編が公開されており、マイリー・サイラス、ノア・サイラス、アリアナ・グランデ、ジョン・レジェンド、メタリカ、セス・マクファーレン、ジョー・ジョナス、ソフィー・ターナー、メイジー・ウィリアムズ、アリシア・キーズ、シャキーラ、ブレイク・シェルトン、グウィネス・パルトロー、ジェシカ・アルバ、ウィル・スミス、ジョン・シナらの登場が明らかになっている。

「Carpool Karaoke」は、俳優、コメディアン、テレビ番組司会者と、さまざまな顔を持つジェームズ・コーデンが運転する車に、ミュージシャンや俳優、アスリートといったセレブが乗って一緒にカラオケを歌うというもの。コーデンの軽妙なトークで客人を乗せ、カラオケで盛り上がる様子がウケて人気を博した。過去には、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ワン・ダイレクション、ジャスティン・ビーバー、マライア・キャリー、アデルなどが出演している。

この人気コーナーの配信権を獲得すべく、AppleはCBSと独占契約を締結。昨年9月に開催されたiPhone 7シリーズやApple Watch Series 2などを発表したスペシャルイベントの冒頭で、ジェームズ・コーデンとファレル・ウィリアムス、AppleのCEOであるティム・クック氏が登場するパイロット版が上映された。

ジェームズ・コーデンは、出演だけでなく、トニー賞受賞の『This is Justin Bieber』などのプロデュースを手がけ、コーデンとは旧知の仲であるベン・ウィンストンとともに共同制作者とエグゼクティブプロデューサーとしても名を連ねている。また、エグゼクティブプロデューサー/ショーランナーには、コメディ主体のリアリティ番組制作に数多く携わった番組制作者/エグゼクティブプロデューサー/放送局役員のエリック・パンコフスキを迎えている。

Apple Music独占番組としての『Carpool Karaoke(カープール・カラオケ)』は、毎週配信され、次回予告も公開される予定だ。また、番組のInstagram、Twitter、Facebookのアカウントも設置されており、こちらからも番組の情報が入手できるのでフォローしてみては如何だろう。

ストリーミングを中心とした定額制の音楽サービスであるApple Musicでは『Carpool Karaoke』以外にも『Planet of the Apps』などの独占配信シリーズ、独自にキュレーションされたラジオステーションやプレイリストを楽しめる。新規の加入者はお試しで3カ月間無料での利用が可能となっている。

関連記事(外部サイト)