島根富士通で夏休み恒例「パソコン組み立て教室」、スモウルビーを使ったプログラミング教室も

島根富士通で夏休み恒例「パソコン組み立て教室」、スモウルビーを使ったプログラミング教室も

画像提供:マイナビニュース

島根富士通は5日、2006年の初回から数えて第12回目となる2017年夏の「パソコン組み立て教室」を開催した。参加は19組。組み立て教室に加え、島根発のプログラミング言語「Ruby」をベースとしたプログラミング教室も併催された。この2017年は、島根富士通で製造されているメディエイタロボット「ロボピン」が応援に駆けつけた。

参加者は、小学生13名、中学生6名の計19組。20組の募集のうち22組の応募があった(うち3件がキャンセル)。県内からの参加が16組、県外からの参加が3組となる。

組み立てるPCは、13.3型の軽量モバイルPC「LIFEBOOK WU2/B1」。約761gという世界最軽量の13.3型モバイルPC「LIFEBOOK UH75/B1」のWebカスタマイズモデルで、最軽量構成時で約787gの軽量13.3型ノートPCだ。カラーはレッドとブラックが選択できるが、レッドを選んだ組が10組、ブラックを選んだ組が9組と、カラーの人気はほぼ半分にわかれた。

○パソコン組み立て教室

組み立て作業の手順は次の通り。写真で紹介していこう。

メインボード・ファンの取り付け
キーボードの接続
フレキケーブルの接続(3カ所)
スピーカーケーブルお接続
液晶の取り付け
アンテナケーブルの接続
電源コネクタの取り付け
SSDの取り付け
バッテリの取り付け
Dカバー(裏面カバー)の取り付け

組み立て後は全員で一斉に電源を投入。組み立てに参加した筆者は少々不安だったが、電源ボタンを押すと無事に全員のPCが起動した。なお、組み立て教室で組み立てたPCは参加者の購入品だが、そのまま持ち帰りとはならず、一度島根富士通で分解し、製品としての耐久試験や出荷前検査をクリアした上で、後日参加者の元へ届くことになる。

組み立て教室に参加した小学生の女の子は、「楽しかった」と満足げな様子。「ネジをたくさん締めるところがあったが、大丈夫だった」と話していた。

○メインボード製造ラインの見学

島根富士通では、富士通ブランドのノートPC、タブレットPCの製造拠点となっている。「LIFEBOOK WU2/B1」の組み立てが終わると、メインボード製造ラインの見学に加え、電動ドライバによるネジ締め体験イベント、タッチパネル/キーボードの動作を確認する動作試験体験イベントが行われた。

○プログラミング教室

工場見学後に併催されたプログラミング教室は、組み立て教室で実際に組み立てたPCを使って行われた。プログラミング言語は「Ruby」をベースに、ブロックを組み合わせる操作で簡単に命令を組み立てられるようにした「スモウルビー」が使われた。

小学生は、見本に挙げられた「追いかけている車から逃げる人」をプログラミングした上で、各要素をカスタマイズ。中学生は、要素を組み合わせて独自のプログラムを作成。スモウルビーでは、命令を「ブロック」で表示するモードと、通常のRuby言語で表示するモードを1クリックで切り替えられる。参加者は「ブロック」で作ったプログラムを、Ruby言語に切りかえ、プログラミングによる動き方を確認していた。
(村田奏子)

関連記事(外部サイト)