Apple、『Carpool Karaoke』の配信を開始 - 初回ゲストはウィル・スミス

Apple、『Carpool Karaoke』の配信を開始 - 初回ゲストはウィル・スミス

画像提供:マイナビニュース

Appleは、米CBSの深夜トークショー『The Late Late Show with James Corden』の人気コーナー「Carpool Karaoke」のスピンオフ版をApple Musicで配信開始した。初回のゲストは俳優、ラッパーなどの活動で知られるウィル・スミス。

「Carpool Karaoke」は、俳優、コメディアン、テレビ番組司会者と、さまざまな顔を持つジェームズ・コーデンが運転する車に、ミュージシャンや俳優、アスリートといったセレブが同乗して一緒にカラオケを歌うという米CBSの深夜トークショー『The Late Late Show with James Corden』の人気コーナー。この度、そのスピンオフ版として、Apple Musicでの独占配信が始まった。レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ワン・ダイレクション、ジャスティン・ビーバー、マライア・キャリー、アデルらが出演している。

記念すべきエピソード1のゲストは俳優、ラッパーなどの活動で知られるウィル・スミス。デュエットシーンはもちろん、ウィルのキャリアや家族について語るシーン、偶々、通りかかった教会で執り行われていた結婚式の乱入シーン、爆笑必至のオチまで見所満載の内容に仕上がっている。

Apple Musicでは、シーズン1のダイジェスト予告のほか、エピソード1の本編で使われなかった特典映像が2本、次回以降の予告編が公開されている。その予告編によれば、アリシア・キーズとジョン・レジェンドの二人がゲストのエピソード、ホスト役にビリー・エイチュナー、ゲストにメタリカを迎えたエピソードが配信されることが分っている。

『Carpool Karaoke(カープール・カラオケ)』は、毎週配信され、今後も次回予告が公開されることになっている。番組のInstagram、Twitter、Facebookのアカウントも開設されていて、こちらからも番組の情報が入手できるのでフォローしてみよう。また、歌われた曲が分らなかった、ゲストのオリジナルを聴きたいという人のために、番組中で使われた曲をピックアップしたプレイリストが公開されている。楽曲は配信の度に更新されると思われるので、こちらもあわせてチェックして頂きたい。

ストリーミングを中心とした定額制の音楽サービスであるApple Musicでは『Carpool Karaoke』以外にも『Planet of the Apps』などの独占配信シリーズ、独自にキュレーションされたラジオステーションやプレイリストを楽しめる。新規の加入者はお試しで3カ月間無料での利用が可能となっている。

関連記事(外部サイト)