Ryzen Threadripperがついに発売 - 極冷OCデモで5GHz超えも

Ryzen Threadripperがついに発売 - 極冷OCデモで5GHz超えも

画像提供:マイナビニュース

AMDは、8月10日22時にハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」を発売した。これに合わせて、ドスパラパーツ館、TSUKUMO eX.、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店が夜間販売を実施。期待の最新CPUを求めて熱心なAMDファンが秋葉原を訪れた。

Ryzen ThreadRipperは、"Zen"アーキテクチャベースのハイエンドCPUで、すでに市場に投入されているメインストリーム向けCPU「Ryzen」シリーズの上位に当たるモデルとなる。最大で16コアの多コアに加えて、クアッドチャンネルのDDR4メモリコントローラの搭載や64レーンのPCIe 3.0レーンをサポートが特徴として挙げられる。

ラインナップとして、16コア/32のスレッドの最上位モデルRyzen Threadripper 1950X、12コア/24スレッドのRyzen Threadripper 1920X、8コア/16スレッドのRyzen Threadripper 1900Xの3モデルをそろえるが、今回発売となったのはRyzen Threadripper 1950XとRyzen Threadripper 1920Xの2モデルだ。

マイナビニュースでは、大原雄介氏によるファーストインプレッションを掲載しているので、こちらも参照してほしい。近日中に内部解析も含めた完全版もお届けする予定だ。

価格はRyzen Threadripper 1950Xが税別145,800円、Ryzen Threadripper 1920Xが税別115,800円。また、これに合わせて対応チップセット「AMD X399」を搭載したマザーボードも発売。ASUS、ASRock、GIGABYTE、MSIから計5製品が投入されている。

Ryzen Threadripperと対応マザーボードは一部を除き、8月4日から予約を受付、さらに夜間販売当日にも事前の会計を実施していたことから、販売開始の22時には大きな混乱もなく、スムーズに製品が受け渡しされていた。

今回店頭では20人〜30人程度が購入したものとみられる。CPUだけでも10万円をゆうに超え、マザーボードとセットでは20万円コースの高額製品ということを考えると盛況といえるだろう。なお、CPUは最上位のRyzen Threadripper 1950X、マザーボードは手ごろな価格感からかASRockの「X399 Taichi」を購入するユーザーを多く見かけた。
(千葉大輔)

関連記事(外部サイト)