YouTubeがライブ配信モードの「超低遅延」を実装、ライブ配信の遅延が数秒まで短縮

記事まとめ

  • YouTubeは9月7日、ライブ配信モードで「超低遅延」を設定できるようになったと発表
  • ライブ配信モードの「通常の遅延」は視聴者とのやり取りを行わない場合に推奨される
  • さらにiOS「ReplayKit」機能対応のアプリから、YouTubeへの直接ライブ配信が可能に

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております