【初心者向け】オンラインゲーム向けのPCスペック・選び方ガイド|おすすめ回線も!

【初心者向け】オンラインゲーム向けのPCスペック・選び方ガイド|おすすめ回線も!

ゲーム向けPCの選び方を解説

eスポーツが盛り上がりを見せていることで、オンラインゲーム向けPCの需要が高まっています。

オンラインゲーム向けのPCを購入するときは、ゲームの種類に合わせたスペックの把握が必要です。

最新の3Dゲームをプレイするなら、高スペックモデルを使うのが理想ですが、ゲームの種類によっては、それほどスペックの高いPCは必要ありません。

本記事ではオンラインゲーム初心者向けに、オンラインゲームをするのに必要なPCのスペックと選び方について解説していきます。ゲーミングPCの購入を検討している人は参考にしてみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008007710_1.htm

オンラインゲーム向けPCを選ぶときのチェックポイント

インターネットの環境があれば、今あるパソコンでもオンラインゲームはできます。しかし、本格的にオンラインゲームをしたい場合は以下の5つのポイントを押さえておきましょう。

・CPU?
・GPU?
・メモリ
・ストレージの種類・容量
・オンラインゲームの推奨スペック


上記5つのポイントを知っておけば、オンラインゲームが快適にできるPCが見つかります。
順番に見ていきましょう。

CPU

オンラインゲーム向けのPCを購入するときは、搭載されているCPUの種類をチェックしてみましょう。

CPUとはPCの頭脳に当たるパーツで、CPUの性能が良いほどオンラインゲームを動作するときの処理速度が速くなります。

CPUの種類は大まかに分けると以下の3種類で、数字が大きいものほど性能が高いです。

・Core i3
・Core i5
・Core i7


あらゆるオンラインゲームを快適にプレイするためには、Core i5以上のCPUが搭載されているPCを使うのが理想的です。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/170901000371_1.htm

 

GPU

GPUは画面にゲームの映像を映し出す役割をします。

GPUにはさまざまな種類があります。そのため、プレイしたいゲームの公式サイトに記載されている推奨スペックを見みましょう。

公式サイトを見たうえでGPUを選べば、3Dグラフィックが滑らかに描写されます。

メモリ容量

メモリは一度に動作させられるデータの容量を左右するパーツです。メモリの容量が大きいほど、データ容量が大きいゲームをスムーズに動作できます。

必要なメモリ容量は最低でも8GB以上、できれば16GBであるのが理想的です。

同一容量・同一メーカーのメモリを2枚取り付けることで、「デュアルチャネル」という機能が働き、処理速度をアップさせることが可能です。

自分でメモリ増設することも可能なのでチェックしてみてください。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008007618_1.htm

 

ストレージの種類・容量

ストレージはアプリやファイルなどのデータを保存するためのパーツです。ストレージの容量が大きくなれば、より多くのゲームをPCにダウンロードできます。

オンラインゲームで遊ぶなら、最低でも256GBの容量は欲しいところです。

たくさんのタイトルをダウンロードするなら、512GB以上のストレージ搭載モデルを選びましょう。 また、ストレージには以下2つの種類があります。

・HDD
・SSD


HDDでも快適にオンラインゲームをプレイできますが、SSDのほうがスムーズにゲームを起動できます。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/141020000038_1.htm

 

オンラインゲームの推奨スペック

そもそもプレイしようと思っているオンラインゲームタイトルを動作させるために、高スペックなPCが必要なのかを確認しましょう。

必要なPCスペックは、オンラインゲームの種類ごとに違います。 PUBGやフォートナイト、Apex Legendsといった人気のFPSゲームをプレイするには、できる限りハイスペックなPCが必要です。

FPSの美しい3Dグラフィックを描写するには、PCの最大性能が求められるからです。Street Fighter Vや鉄拳7といった最新の格闘ゲームをプレイする場合も、ハイスペックなPCが欠かせません。

基本的に3Dグラフィックのオンラインゲームでは、PCのスペックが求められると認識しましょう。

FPSや格闘ゲームで必要とされているPCスペックは以下の通りです。

fps-spec-table


将棋や囲碁、麻雀の対戦ができるオンラインゲームでは、ある程度スペックが低いPCでもプレイできます。

参考として、セガの麻雀ゲームMJの推奨スペックは以下の通りです。

low-spec-table

メーカー品とBTO(自作)の違いもチェック項目

オンラインゲームをするためにパソコンを選ぶ場合、以下2つの違いも知っておきましょう。

・メーカー品
・BTO(自作)パソコン


メーカー品とBTO(自作)パソコンのメリット、デメリットを解説します。

メーカー品のメリット

メーカー品のメリットは以下の2つです。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)