高かったのに!5位スチーマー「買って後悔した美容グッズ」1位は

高かったのに!5位スチーマー「買って後悔した美容グッズ」1位は

記事画像

あなたは美容グッズをいくつ持っていますか? 中には買って後悔したものが、きっとあるはず。「すごく効きそう!」とワクワクしながら手にしたはずなのに、なぜ使わなくなってしまうのでしょうか。

そこで今回は、20〜40代の女性500名を対象に「買っても使わず、後悔した美容グッズは何ですか?(複数回答可)」というアンケート調査を実施。その結果とともに、美容グッズを長く使い続けるためのポイントをご紹介しましょう。

 
買って後悔した美容グッズTOP10
早速、結果を見ていきましょう。きっとあなたが買った美容グッズも入っているはず!

10位・・・洗顔用の美顔器(1.6%)

9位・・・表情筋を鍛える器具(2.4%)

8位・・・自動で髪が巻けるオートカールアイロン(3.4%)

7位・・・角質リムーバー(3.6%)

6位・・・超音波、ラジオ派などの美顔器(4.4%)

5位・・・スチーマー(4.8%)

4位・・・かっさ(5.8%)

3位・・・ホットビューラー(6.4%)

同率1位・・・美容ローラー・脱毛器具(9.0%)

ランキング入りしたアイテムの中には、高価なものも含まれています。せっかくキレイになるために買ったのに、タンスの肥やしになってはもったいないですよね。

では、使わなくなってしまう原因と、美容グッズを無駄にしないためのコツを探っていきましょう。

 
使わなくなった原因は?

ネットの声を見てみると、やはり美容グッズをしまいこんでいる人はたくさんいるよう。

「2,000円くらいするかっさを買ったのに、やるタイミングを失ってぜんぜん使ってない。そのあとダイソーでみつけた悲しさからかもしらん」

「ホットビューラー買ったのはいんだけど上がるの遅いしなかなか上がらないから結局ビューラーでやる始末……」

「光脱毛器使って思ったこと。自分の表面積減らしたい」

「あ! あの美容ローラー持ってる。使っていないけど」

など、Twitterのつぶやきを集めてみると、めんどくさくなってしまったり、忙しくて使うタイミングを逃したり、思ったような効果が得られなかったことが原因だと考えられます。

 
もう後悔しない!美容グッズを長く使うためのポイント3つ

美容グッズを買う際や、使用する際には、これから紹介する3つのポイントをチェックしてみましょう。これらのポイントを見直すことで、使わなくなった美容グッズも「やっぱり使える!」と思える可能性大ですよ。
(1)正しい使い方・使用時間を確認
美容グッズの効果を感じられない場合、間違った使い方をしていることも少なくありません。たとえば、“使用目安は週に1回”とされているところ、1か月に1回くらいしか使っていないということはないでしょうか。

推奨される頻度でケアできない場合は、自分の生活スタイルや性格に合っていないと考えられます。買う前に、マメにケアできるのか、自分の生活にその器具を使ったお手入れが組み込めるかも、よくイメージしましょう。
(2)効果を感じている人の使い方をチェック
思ったような効果が得られないと、美容グッズの購入につかったお金よりも、使う時間のほうがもったいなく思えてきます。そうならないためには、口コミサイトや美容家のブログなど、グッズの効果を感じている人の使い方をマネしてみるとよいでしょう。

例えば、ホットビューラーで「思ったほどまつ毛が上がらなかった」という人は普通のビューラーでまつ毛を上げたあとにマスカラをつけ、最後にホットビューラーを使ってみて。くるんとまつ毛が上がり、カールも長時間持続します。ホットビューラーを持て余している人は、ぜひお試しを。
(3)なぜいいのかをしっかり理解する
なんとなく「よさそう」と思って購入すると、「何がどうよかったんだっけ?」と後悔しやすくなります。その美容グッズが「どのように効くのか」、「なぜいいのか」、情報をしっかり理解しておきましょう。

また「よさそう」だと思ったきっかけの雑誌やWEBサイト、本などをたびたび見返すと、使うモチベーションを保てるはず!

 

美容グッズの数が増えても、ちゃんと使わなければキレイは手に入りません。自分に合っているかよく吟味してから購入し、長く使い続けたいですね。

 

 

関連記事(外部サイト)