うっかり日焼け…なかったことに!? 「最強の美白食材」で作る簡単レシピ

うっかり日焼け…なかったことに!? 「最強の美白食材」で作る簡単レシピ

記事画像

海や山、屋外のレジャーを楽しんだ方はもちろん、普通に生活をしていただけなのに“生活紫外線”の影響で「うっかり日焼けをしてしまった」という声が耳に入ってくる季節。うっかり日焼けも蓄積されれば立派な日焼け。夏の間にこんがり小麦肌になってしまう恐れも。

そこで今回は、コスメコンシェルジュとビューティーフードアドバイザーの資格を持つ筆者が、日焼けしたあとに摂り入れたい美白食材を紹介します。

 
ポイントはビタミンC+E!美白の最強食材とは
日焼け後はスキンケアも大事ですが、食事の力を借りたインナービューティーのダブルの効果で、肌を回復させたいところ。

色白肌を取り戻すためにオススメしたいのは、メラニン色素の生成を抑えてシミやそばかすを予防するビタミンCと、その働きを助けるビタミンEの組み合わせ。ビタミンEには肌の新陳代謝を促す働きもあるため、日焼けのダメージ回復に◎。

では、これらの栄養素を含み、スーパーで購入できる食材にはどのようなものがあるのでしょうか。
(1)トマト
トマトには、ビタミンC・Eの両方が含まれます。また、強い抗酸化力で老化の原因となる活性酸素を除去してくれるリコピンも含まれています。このリコピンは、メラニン色素を生成するチロシナーゼの量を減らすのに有効とされています。

リコピンを効果的に摂取するには、加熱をしたりミキサーでかき混ぜたり、油で調理をしたりするのがオススメ。生で食べるより吸収率が高いとされています。
(2)アボカド

“食べる美容液”といえるほど栄養価が高いアボカド。こちらもビタミンC・Eを含んでいます。加えて、抗酸化作用のあるコエンザイムQ10を含んでいるため、老化の防止にも一役買ってくれるでしょう。
(3)鮭
鮭にはビタミンEやアスタキサンチンが含まれます。このアスタキサンチンは、老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化成分として有名。なんとその抗酸化力はビタミンEの1,000倍ともいわれています。

上記3つのような抗酸化成分を含む食品を食べて、うっかり日焼けしても美肌をキープしましょう。

次に、これらの食材を使った簡単な料理を紹介します。

 
所要時間10分!「美白料理」のつくり方

【材料・2人分】

・鮭の切り身・・・2切れ

・薄力粉・・小さじ2

・オリーブオイル・・・適量

・トマト・・・1/4個

・アボカド・・・1個

・レモン汁・・・小さじ2

・たまねぎ・・・1/6〜7

・塩コショウ・・・少々

【つくり方】

(1)鮭に薄力粉をまぶし、オリーブオイルを熱したフライパンで両面を焼く

(2)トマトは1cm角に切り、たまねぎはみじん切りにする

(3)ボウルに皮をむいたアボカドを入れてフォークでつぶし、レモン汁を加えてよく混ぜる

(4)(3)にトマト、たまねぎ、塩コショウを加えザックリ混ぜ合わせる

(5)(4)を鮭の隣に盛り付けたら完成

お好みでバジルをかけても美味しいですよ。

 

日焼けのシーズンはまだまだ続きます。食べ物の力を借りて、日焼けのダメージを残さない・長引かせない肌を目指しましょう。

 

 

関連記事(外部サイト)