【話題のコスメ】アルビオンの“元祖乳液”がスゴい!乳液洗顔でもっちり肌に

【話題のコスメ】アルビオンの“元祖乳液”がスゴい!乳液洗顔でもっちり肌に

【話題のコスメ】アルビオンの“元祖乳液”がスゴい!乳液洗顔でもっちり肌に(C)モデルプレス

【美容/モデルプレス】乳液先行のスキンケアで有名なアルビオン。その乳液の元祖とも言えるアイテムの存在をキャッチ!知る人ぞ知る存在の“元祖乳液”の実力に今まで知らなかったことを後悔するくらい。

?アルビオン ”乳液 マリアージュ”

アルビオンの創業当時から変わらぬパッケージと処方で愛され続けてきた乳液の“マリアージュ”。

高級感のあるガラスの瓶は、レトロなのになんだか新鮮で新しく感じますよね。

このシリーズの乳液は乾燥肌用の“マリアージュ”と普通肌用の“プライアン”の2種類。

アルビオンの歴史を作ってきたとも言えるこのアイテムの実力はお墨付きです。

?とろっとミルキーなテクスチャーにどこか懐かしい華やかな香り

とろみの強いテクスチャーで、こっくりとした使用感はまるでクリームのよう。

最近の化粧品と比べると、香りはやや強めですが、フラワリーな華やかさのある香りはどこか懐かしく、リラックスできます。

?“乳液洗顔”がスゴい

本来の乳液としての用途はもちろんですが、より効果を発揮するのが“乳液洗顔”。

濡らした肌にこの乳液をたっぷりと付け、マッサージをしたあと洗い流すと言うもの。

「乳液で洗顔?」と、あまり聞かない使用方法ですが、これがこの乳液の真価を発揮する使用方法。

乾燥がしやすい所や、毛穴の気になる小鼻などを重点的にマッサージして、ぬるま湯でサッと洗い流すだけで完了です。

?もっちり、だけどすっきりとした洗い上がり

洗い流したあとのお肌に触れてビックリ!

乳液の油分やぬるつきは落ちているのに、もっちりと潤いたっぷりのお肌。“ふかふか”とお肌が柔らかくなります。

だけど、皮脂が出やすいTゾーンなどはスッキリ。

夜はクレンジングの後、洗顔フォームで顔を洗って仕上げに乳液洗顔、朝は乳液洗顔だけで済ませてOK。

夜は疲れたお肌がしっとりと落ち着き、朝は潤いがチャージされてメイクノリもバッチリです。

?乳液洗顔後の化粧水の浸透が抜群

乳液洗顔をした後、一番最初につける化粧水がぐんぐん浸透していきます。

優しくハンドプレスすると手のひらにお肌が吸い付くような感覚。

乳液洗顔後は化粧水とオイルだけのシンプルケアでも十分お肌がしっとりしますよ。

?お手頃な価格

アルビオンの乳液と言うと、少しお高め。

しかし、この“マリアージュ”は1,800円(税抜)というお手頃な価格なんです。

150mlでたっぷり入ってるので、惜しみなく使えるのも嬉しいポイント。

?通常の使い方や乳液パックでもっちり肌に

通常のスキンケアでの使用も、もちろんOK。心地よくお肌に馴染んで、保湿力もばっちり。

多めに乳液を付けて、化粧水をたっぷり含ませたコットンでパックをする乳液パックも保湿力と浸透力がアップして、よりお肌がもちもちになりますよ。

今まで知らなかったことが悔やまれるくらい実力派の元祖乳液。

乾燥しがちなこれからの季節に活躍しそう!(modelpress編集部)

※あくまで個人の感想です。使用感や効果を保証するものではありません。

関連記事(外部サイト)