バレたら、速攻フラれそう! 彼に秘密にしてるコト5選

バレたら、速攻フラれそう! 彼に秘密にしてるコト5選

バレたら、速攻フラれそう! 彼に秘密にしてるコト5選

パートナーとはなんでも言い合える関係でいたい、隠し事はしたくない。そう考える女性も多いでしょう。ですが実際には隠し事の一つや二つ、せざるを得ないこともありますよね。今回は働く女性に、パートナーに言えない秘密を持った経験について聞いてみました。

Q.パートナーに言えない秘密を持ったことはありますか?

ある……34.5%
ない……65.5%

3割を超える女性が、パートナーに言えない秘密を持ったことがあると回答しました。それはどのような秘密だったのでしょうか。

■実はけっこう遊んでいた過去

・「そこそこ有名な人と関係を持ったことがある、複数」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「今まで付き合ってきた人数の数を少なめに伝えてしまった」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

少し派手な男性遍歴を持っていることは、できるなら内緒にしておきたいですよね。女性は本当に好きな男性には純情だと思われたいものなんです。

■巨額のヘソクリあります

・「独身時代の貯金額が1,000万あることを秘密にしています」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

昔からコツコツ貯めてきたお金も、気づけば彼には言えないくらいの金額に。その気になれば家だって建てられる! そのときのためにまだ秘密にしておいたほうが賢明かもしれません。

■恋愛には過渡期がある

・「彼氏がいるのに、別れようと思っていたので、隠れて婚活していた」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「別れる前に次の彼氏ができたこと」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

みんながスパッと別れてから次の恋を探せるわけではありませんよね。中には同時進行の恋愛過渡期を経験した人も……。言わないほうがお互いのためになることもあります。

■家族のこと

・「兄弟のパートナーが宗教にどっぷりはまっている」(32歳/自動車関連/技術職)

・「弟がニートだったり、家族のことをどう思われるか怖くて言えない」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

決して自慢できるわけではない……。当人には失礼ですが、その存在を秘密にしておきたい家族がいる人も。まだ結婚の話が出ていないなら、無理に言わないほうがいいかもしれません。

■あまりに違う過去の姿

・「彼と出会う前に、奥二重を二重にする手術をしたけど、彼には伝えていない」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「昔、今より10キロは太っていた小学生時代はデブすぎてもはや誰か分かりません。結婚しましたが、あまりに最強のときの写真は見られる前に捨てておきました(笑)。旦那さんは私が少し太っていたころの写真しか見ていません(笑)」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

過去の写真はまさに、激変! ビフォーアフター! 隠していることを非難されるかもしれませんが、これもきれいになる努力をした結果なのです。

■言ったら激怒されそうだから

・「職場の男性と二人でご飯に行くこと」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「元カレと今もたまに(友達として)会うことがある」(29歳/機会・精密機器/技術職)

なんてことはない、大人としての付き合いをしているだけ。それでも彼が嫉妬することは必至なので隠しているんです。彼以外の男性との接点を完全に絶つことはできませんよね。

■まとめ

世の中には「知らぬが仏」という言葉もあります。なんでもオープンにしたからといっていいというわけではありません。同様に、彼に秘密があったとしても気づかないフリをすることも大切です。これも二人の仲を円満に保つためには必要なことなのですから……。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数133件(22歳〜34歳の働く女性)

関連記事(外部サイト)