厄年を迎える人を対象に醸造した厄払神酒"『躍年』殿"と"『躍年』姫"が販売スタート

記事まとめ

  • 独自のビンテージ古酒を製造する白木恒助商店が、厄年の人に向けたお酒を販売開始した
  • 厄払神酒"『躍年』殿"と"『躍年』姫"で、男性用が75,600円、女性用が54,000円となる
  • 「直会として飲むことで厄を払い、飛躍できる一年にしてほしい」と、同社は語る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております