フォトジェニックな「Fruits in Tea」試飲レポ! インスタ映えのコツは?

フォトジェニックな「Fruits in Tea」試飲レポ! インスタ映えのコツは?

フォトジェニックな「Fruits in Tea」試飲レポ! インスタ映えのコツは?

紅茶ブランド「リプトン」は、紅茶やフルーツをカスタマイズして楽しめるアイスティー「Fruits in Tea」専門店を、2017年6月28日から8月27日まで表参道に期間限定オープン。開店前日のマスコミ試飲会に、マイナビウーマン編集部が参加してきました!

■去年は2時間半待ちの大行列! 今年はさらにパワーアップ!

見た目も涼やかでかわいらしい、フォトジェニックな「Fruits in Tea」。昨年は、なんと店舗に2時間半待ちの大行列ができたのだとか! 今年はタンブラーのデザインを一新、またカスタマイズは40,000通りとパワーアップして、さらに盛り上がる予感!

■40,000通りの中から、自分好みの「Fruits in Tea」をオーダー!

好きなタンブラーと、紅茶・フルーツなどの組み合わせで、自分オリジナルの「Fruits in Tea」をオーダー。カスタムメニューの種類が多くて、とにかく迷います!

店員さんにもアドバイスを受けながら、おいしい組み合わせをセレクト。見た目も楽しめるよう、フルーツやトッピングの色合いにも気を配ります。

メニュー表はこちら!

オーダーを受けたら、その場で店員さんがフルーツや氷・シロップ・紅茶などをタンブラーに詰めてくれます。

お待ちかね、オリジナルのフルーツアイスティーが完成! 透明なタンブラーにフルーツと紅茶の色味が映えて、すぐにでもインスタに投稿したくなるようなデザインです。

しかもうれしいことに、紅茶は氷が溶けるまで何杯でもおかわり可能! ちなみに3種類のティーサーバーのうち、1種類は日替わりのアレンジティー。

店舗の2階には、座ってアイスティーが飲めるスペースも。黄色の壁越しにドリンクの写真を撮影すると、さらにフォトジェニックに。

■マイナビウーマン編集部が試飲レポ! おすすめカスタマイズ・3選

今回の試飲会では、マイナビウーマン編集部が「Fruits in Tea」カスタマイズ3種類を自由に選んでオーダー! 実際に飲んだ感想も含めてご紹介します。

◇(1)ほろ苦い甘さ! ストロベリー+ミント+サトウキビ

Tea:コールドブリューアールグレイティー

Base Fruits:ストロベリー

Topping Fruits:ラズベリー、ピーチ

Special Accent:ミント

Syrup(シロップ):サトウキビ

ストロベリーとラズベリーのWベリーに、差し色のミントがポイント。かなり甘くなるかと思いきや、ベースとなる紅茶がアールグレイティーなので、ほろ苦い甘さに仕上がりました! 仕事の休憩中や休日の午後など、ほっとひと息つきたいときにおすすめ。

◇(2)超爽やか! グレープフルーツ+オーギョーチ+パッションフルーツ

Tea:サマーブレンドティー

Base Fruits:グレープフルーツ

Topping Fruits:マンゴー、ライチ

Special Accent:オーギョーチ

Syrup(シロップ):パッションフルーツ

グレープフルーツとオーギョーチ、そしてパッションフルーツのシロップで、爽やかなトロピカルフルーツティーが完成。喉ごしもいいので、暑い日に外でゴクゴク飲めます! ライチやオーギョーチの美容効果にも期待大。

◇(3)スイーツみたい! ライム+カラータピオカ+ココナッツ

Tea:サマーブレンドティー

Base Fruits:ライム

Topping Fruits:キウイ、ブルーベリー

Special Accent:カラータピオカ

Syrup(シロップ):ココナッツ

編集部員が個人的に気になっていたメニューをすべて組み合わせた、よくばりドリンク。甘みのあるカラータピオカとココナッツシロップで、まるでスイーツのようなアイスティーが完成! 甘党の編集部員にはたまらない甘味でした。

■「Fruits in Tea」カスタマイズのコツ

「Fruits in Tea」をもっと楽しむために、カスタマイズのコツをご紹介します!

◇インスタ映えをねらうなら「グリーンの差し色」を!

「Fruits in Tea」の魅力は、なんといってもフォトジェニックなデザイン。よりインスタ映えをねらうなら、Special Accentで「エストラゴン」か「ミント」をカスタムするのがおすすめ! 通常だと赤やオレンジ一色になりがちですが、グリーンの差し色を入れることで、さらにオシャレな印象に。撮影した写真は、ハッシュタグ「#フルーツインティー」「#fruitsintea」をつけてインスタに投稿してみましょう!

◇味は「Tea」と「Syrup」のカスタムがポイント!

より自分好みの味を楽しみたいなら、「Tea」と「Syrup(シロップ)」のカスタムが意外と重要。「Tea」は、コールドブリューアールグレイティーとサマーブレンドティーの2種類から選べます。前者は渋みのある味わい、後者は渋みをおさえた爽やかな味わい。さらに「Syrup(シロップ)」は7種類から選べるので、メニュー表の説明を参考に、好きな味をカスタムしてみて!

■まとめ

今年も行列ができそうな「Fruits in Tea」専門店ですが、見た目も味も十分に楽しめるため、並ぶだけの価値はアリ! 購入したタンブラーを使って、自宅でフルーツティーを作ってみるのもおすすめ。この夏、ぜひチェックしてみてくださいね!

◎期間限定 Fruits in Tea 専門店概要

<OMOTESANDO>

開催場所:表参道 Zero Base(東京都港区南青山5-1-25)

開催期間:2017年6月28日〜8月27日

<OSAKA>

開催場所:ディアモール大阪(大阪市北区梅田1丁目大阪駅前 ダイヤモンド地下街1号)

開催期間:2017年7月7日〜8月31日

(マイナビウーマン編集部)

関連記事(外部サイト)