ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(12月27日)有馬記念(GI)

【先週の結果】
先週の的中は以下の通り。
・阪神11Rが〇→△→◎で決まり、3連複4,150円。

【今週の予想】
☆中山11R 有馬記念(GI)(芝2500m)
 いよいよ今週は中央競馬の締めくくり、暮れのグランプリ・有馬記念がおこなわれる。今年は牝馬が大活躍した年で、有馬記念も牝馬が取るのか、それとも最後は牡馬が意地を見せるのかだが、ここも牝馬が取る可能性が高いと見る。では、どの牝馬かと言うと、春のグランプリホース・クロノジェネシスだ。昨年は華奢な印象を受けていたが、今年は身が入ってきたことで見栄えのする好馬体へと成長を遂げた。今年初戦となった京都記念では、3番手からの競馬で最速の上がりを使って2着馬カレンブーケドールに0秒4差。それもゴール手前から流してのもの。大阪杯ではラッキーライラックに切れ負けしたものの、ゴール前で再度詰めるスタミナを見せた。春のグランプリ・宝塚記念では、終始外を通りながら直線は弾けて2着馬に1秒0もの差を付けて1着。最速の上がりを使ったが、それでもゴール手前から流しているのだから恐れ入る。前走の天皇賞(秋)は3着に敗れたが、メンバー中2位の上がりを使って勝ち馬アーモンドアイとは0秒1差。それもスタートでやや出負けをして、その直後に寄られてポジションを下げざるを得ない不利があってのもので、スムーズならと思わせる内容だった。今年のレースぶりを見ても、軽い馬場よりも時計のかかる馬場が向いており、そういった意味では暮れの中山はもってこいの舞台。状態も文句なく、暮れのグランプリを制する可能性は十分と見る。相手本線はフィエールマン。昨年は凱旋門賞から帰国後初戦と調整が難しい中、当舞台で4着と好走しており舞台は合う。今年秋初戦は予定していたオールカマーを熱発で回避し、ぶっつけとなった前走の天皇賞(秋)であったが、最速の上がりを使って勝ち馬アーモンドアイと1/2馬身差の2着と、順調ならと思わせる内容であった。一度使われて状態は上がってきており、上位争いは必至だろう。一発があるとすれば、折り合って先行できればキセキ。以下、カレンブーケドール、ワールドプレミア、ペルシアンナイトまで。

◎(9)クロノジェネシス
〇(13)フィエールマン
▲(6)キセキ
△(10)カレンブーケドール
△(5)ワールドプレミア
△(8)ペルシアンナイト

買い目
【馬単】6点
(9)⇔(6)(10)(13)
【3連複1頭軸流し】10点
(9)-(5)(6)(8)(10)(13)
【3連単フォーメーション】24点
(9)→(6)(10)(13)→(5)(6)(8)(10)(13)
(6)(10)(13)→(9)→(5)(6)(8)(10)(13)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。

関連記事(外部サイト)