ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(4月18日)皐月賞(GI)他1鞍

【今週の予想】
☆新潟5R 3歳未勝利(ダート1800m)
 サンライズメモリーの一発に期待する。デビュー戦はスタート後に砂を被ると行きっぷりが悪くなり、ポジションを下げてしまったが、そこから盛り返して5着。前走は距離を短縮して臨んだ一戦だったが、出遅れた上にテンのスピードについていけず後方からの競馬となり、道中も押っ付け通しで脚が溜まるところがなかった。それでもメンバー中4位の上がりを使ったあたりは評価できる。2度使われて砂に慣れ、今回は再度距離を1800mに戻すことで脚が溜めることができれば、一発があってもおかしくない。

◎サンライズメモリー
〇テイエムダイアタリ
▲クロスオブドリーム
△?クロパラントゥ
△?シゲルバクハツ
△?ハッピーアナザー

買い目
【馬単】6点
◎→〇▲△?△?
〇▲→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎-〇▲△?△?△?
【3連単フォーメーション】20点
◎→〇▲△?→〇▲△?△?△?
〇▲→◎→〇▲△?△?△?

☆中山11R皐月賞(GI)(芝2000m)
 中山競馬場、土曜日の雨予報と一筋縄ではいかない様相を呈しているが、ここはエフフォーリアの1冠制覇に期待する。デビューから3戦、使われるごとにパフォーマンスを上げており、特に前走の共同通信杯では好位3,4番手の位置からメンバー中2位タイの上がりを使って2着に0秒4差を付ける完勝。それも2着馬ヴィクティファルスは次走でスプリングSを勝利し、3着馬シャフリヤールは毎日杯を制しており、メンバーレベルはハイレベルだった。16頭立ての多頭数は初めてだが、前々走で馬群を抜けてくる競馬をしており、戸惑うことはないだろう。走法、レースぶりから広いコースが合うだろうが、先行力がある本馬なら中山でも結果を出してくれるだろう。追い切りの動きを見ても状態は良く、勝ち負けの可能性は高いと見る。相手本線はダノンザキッド。前走は勝ち馬に上手く乗られたこともあったが、休み明けだったこともあり、マイナス馬体重でありながら、やや余裕残しの仕上がりでエンジンのかかりが遅かった。そのため最後は鋭い脚で追い込んできたものの届かず3着。それでもスタート後に鞍上が少し抑えて控える競馬をしたことがこれから生きてくる。一度使われて今度はしっかりと仕上がってきており、上位争いは必至だろう。一発があるならアドマイヤハダル。以下、タイトルホルダー、ラーゴム、シュヴァリエローズまで。

◎(7)エフフォーリア
〇(8)ダノンザキッド
▲(1)アドマイヤハダル
△(13)タイトルホルダー
△(9)ラーゴム
△(10)シュヴァリエローズ

買い目
【馬単】6点
(7)→(1)(8)(9)(13)
(1)(8)→(7)
【3連複2頭軸流し】4点
(7)(8)-(1)(9)(10)(13)
【3連単フォーメーション】20点
(7)→(1)(8)(13)→(1)(8)(9)(10)(13)
(1)(8)→(7)→(1)(8)(9)(10)(13)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。

関連記事(外部サイト)

×