ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(10月16日)秋華賞(GI)他5鞍

 先週の的中は下記の通り

・東京5R ◎→△で決まり、馬単1,050円。

【今週の予想】

☆京都1R 2歳未勝利牝馬限定戦(ダート1400m)

 ダート替わりで一変するリージェンツパーク。半兄がグランプリボスだけあって馬っぷりが良く初戦から期待していたが、スピードが上がった3コーナーから付いていけなくなる厳しい競馬。もともと使われながらと思っていたがそれにしても案外であった。鞍上の進言もありダートへ。馬っぷりの良さからもダートでの一変を期待する。

◎(2)リージェンツパーク
○(1)スマートニンバス
▲(10)マルカソレイユ
△(8)ラガーユミリン
△(6)クルークハイト
△(3)ショウサンルヴィア

買い目
【馬単】10点
(2)⇔(1)(3)(6)(8)(10)
【3連複1頭軸流し】10点
(2)-(1)(3)(6)(8)(10)
【3連単フォーメーション】20点
(2)→(1)(6)(8)(10)→(1)(3)(6)(8)(10)
(1)→(2)→(3)(6)(8)(10)

☆京都3R 2歳未勝利戦(芝1600m)

 ナイトバナレットは、スタートで大きく遅れた上に3コーナーから大外を回って徐々に上がっていき、直線外へヨレながらもしっかり脚を使い4着。ロスが非常に大きい競馬ながら上がりはメンバー中3位タイだから力がある。ここは鉄板と見る。

◎(7)ナイトバナレット
○(8)ハムレット
▲(5)タガノヴァン
△(10)ナムラマリア
△(6)ダノンキラメキ
△(9)エジステンツァ

買い目
【馬単】5点
(7)→(5)(6)(8)(9)(10)
【3連複1頭軸流し】10点
(7)-(5)(6)(8)(9)(10)
【3連単フォーメーション】12点
(7)→(5)(8)(10)→(5)(6)(8)(9)(10)

☆京都8R 3歳以上1000万下(ダート1800m)

 オールブラッシュは、前々走でこのクラスを1度勝っており、降級初戦となった前走では勝ち馬の決め手に屈したものの、1000m通過が59秒6のハイペースを2番手で進め2着。先行勢では唯一掲示板を確保しており、負けて強しの内容。今回は何が何でも行きたいタイプがおらず、ペースが落ち着くと見て展開的にもプラス。ここも勝ち負け必至。

◎(10)オールブラッシュ
○(2)サンタエヴィータ
▲(7)ヴォルケンクラッツ
△(4)メイプルレインボー
△(6)サンライズワールド
△(11)ナムラアラシ

買い目
【馬単】6点
(10)→(2)(4)(6)(7)
(2)(7)→(10)
【3連複2頭軸流し】4点
(2)(10)-(4)(6)(7)(11)
【3連単フォーメーション】20点
(10)→(2)(4)(7)→(2)(4)(6)(7)(11)
(2)(7)→(10)→(2)(4)(6)(7)(11)

☆東京11R アイルランドトロフィー(芝2000m)

 転厩後一番のデキで臨めるクラリティスカイ。転厩後、厩舎、田辺騎手が一丸となって立て直しを図り、転厩初戦の関屋記念では、やや余裕残しの状態ながらメンバー中2位タイの33秒2の上がりを使い8着。着差は0秒5と着順ほど離れていない。前走は追い込み組が上位を独占する中、中団からの競馬で4着同着と復活の兆しを見せた。今回は叩き3戦目、状態は転厩以来最高のデキで、鞍上も手の内に入れておりここで復活の狼煙を上げる。

◎(1)クラリティスカイ
○(8)ショウナンバッハ
▲(3)レコンダイト
△(12)ファントムライト
△(4)マイネルハニー
△(2)マイネルフロスト

買い目
【馬単】6点
(1)→(3)(4)(8)(12)
(3)(8)→(1)
【3連複1頭軸流し】10点
(1)-(2)(3)(4)(8)(12)
【3連単フォーメーション】20点
(1)→(3)(4)(8)(12)→(2)(3)(4)(8)(12)
(8)→(1)→(2)(3)(4)(12)

☆京都11R 秋華賞(GI)(芝2000m)

 シンハライト、チェッキーノが戦線離脱、骨折明けにしても前走が案外だったジュエラーと春の実績馬に異変あり。となればオークスで3着であり、秋緒戦となった紫苑Sでも横綱相撲で勝ったビッシュに注目が集まる。オークスでは直線早々先頭に立ち、目標にされる厳しい競馬ながらも勝ち馬シンハライトから0秒1差の3着。前走は後方から徐々に上がっていき、直線入り口で早くも先頭に立ち、後続を寄せ付けないワンサイドな勝ち方。ひと夏を越して全体的にしっかりとしてきたため、十分に負荷をかけて調教されてきた。ここで春の悔しさを晴らす。相手本線には、紫苑Sで大きな不利を受けながら盛り返したヴィブロス。並みの馬ならそこで怯んでしまい直線伸びを欠くような不利であったが、諦めず伸びてきた本馬の根性はGIの舞台で強い武器になる。スムーズなら本命馬を脅かせる存在。一発ならこちらも前走スムーズさを欠いたパールコード。4コーナーから直線にかけて、前が壁となりスムーズな追い出しができていなかった。瞬発力がある方ではないため、進路を取りなおしたときには万事休す。今回の追い切りでは抜群の動きを見せているだけに、スムーズならあっと驚く走りが見られそうだ。以下、レッドアヴァンセ、ミエノサクシード、フロンテアクイーン、エンジェルフェイスまで。

◎(10)ビッシュ
○(7)ヴィブロス
▲(3)パールコード
△(5)レッドアヴァンセ
△(14)ミエノサクシード
△(11)フロンテアクイーン
△(1)エンジェルフェイス
好調教馬(3)(5)(11)(1)

買い目
【馬単】9点
(10)→(1)(3)(5)(7)(11)(14)
(3)(5)(7)→(10)
【3連複1頭軸流し】15点
(10)-(1)(3)(5)(7)(11)(14)
【3連単フォーメーション】30点
(10)→(3)(5)(7)→(1)(3)(5)(7)(11)(14)
(3)(5)(7)→(10)→(1)(3)(5)(7)(11)(14)

☆東京12R 神奈川新聞杯(芝1400m)

 好相性の舞台で連勝を飾るアルジャンテ。1400m戦では3戦2勝と好成績で、これまでの5戦中掲示板を外したのは中山での2戦のみ。前走は休み明けながら不安要素だったスタート難を克服し、2着馬に0秒3差を付ける完勝。馬体重は+14kgと明らかな成長を見せており、1000万下クラスでも即通用する。

◎(13)アルジャンテ
○(5)スターオブペルシャ
▲(7)ハレルヤボーイ
△(10)ヨイミヤ
△(8)サクラディソール
△(11)パーリオミノル

買い目
【馬単】5点
(13)→(5)(7)(8)(10)
(5)→(13)
【3連複1頭軸流し】10点
(13)-(5)(7)(8)(10)(11)
【3連単フォーメーション】12点
(13)→(5)(7)(10)→(5)(7)(8)(10)(11)

※出走表などのデータは、必ず JRA 公式発表のものと照合して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。

関連記事(外部サイト)