ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!(6月18日)函館スプリントS(GIII)他4鞍

 先週の的中は下記の通り。

・東京6R ○→▲→◎で決まり、3連複2,440円。
・阪神11R ◎→○→▲で決まり、馬単2,600円、3連複2,870円、3連単14,720円。
・東京11R ○→◎→▲で決まり、馬単4,450円、3連複6,890円、3連単47,120円。

【今週の予想】

☆函館11R 函館スプリントステークス(GIII)(芝1200m)

 シュウジの巻き返しに期待する。ここ2走は8着、15着と精彩を欠いているが、前々走は折り合いを欠き、前走は稍重の馬場状態であったが、4コーナーでの映像を見る限り、芝が飛び発表以上に荒れていたように見えた。これまで稍重での勝利はあるものの、前走のように酷いものはなく、本質的に良馬場の方が力を発揮できるタイプと見る。今回は開幕週のため、絶好の馬場状態で競馬に望めそう。となれば、昨年レコード決着となった当レースでハナ差の2着、スプリンターズSで勝ち馬から0秒1差の4着と、これまでの実績から巻き返しがあってもおかしくない。相手本線は、高松宮記念を勝ち勢いに乗るセイウンコウセイ。実績、勢いは出走メンバー1だが、どうにも最終追い切りの動きが気になった。前々走や前走の追い切りで見せたフットワークの軽さがなく、少し重いように見えた。それでもこのメンバーに入れば上位争いができるだけの状態ではあると判断し、対抗に。一発なら夏の洋芝がベストのクリスマス。追い切りの動きからも状態は非常によく、得意の舞台で一発が狙える。以下、ブランボヌール、ジューヌエコール、エポワスまで。

◎(10)シュウジ
○(12)セイウンコウセイ
▲(6)クリスマス
△(13)ブランボヌール
△(8)ジューヌエコール
△(4)エポワス
好調教馬(6)

買い目
【馬単】6点・(10)→(6)(8)(12)(13)・(6)(12)→(10)
【3連複1頭軸流し】10点・(10)−(4)(6)(8)(12)(13)
【3連単フォーメーション】24点・(10)→(6)(8)(12)(13)→(4)(6)(8)(12)(13)・(6)(12)→(10)→(4)(6)(8)(12)(13)

☆阪神11R 米子ステークス(芝1600m)

 OP特別としては好メンバーが揃った。中でもダノンメジャーに触手が動く。前走は楽にハナが切れたとはいえ、ゴール前では流してメンバー中3位の上がりを使ったのだから着差以上に強かった。2着に負かしたクラリティシチーは、次走エプソムCで勝ち馬から0秒2差の4着と重賞でも好走しており、メンバーレベルも低くはなかった。今回も楽に先手が取れそうなメンバーなだけに、ここも勝ち負けになる。

◎(5)ダノンメジャー
○(6)グァンチャーレ
▲(4)ブラックムーン
△(2)サトノラーゼン
△(3)ムーンクレスト
△(9)ベルキャニオン

買い目
【馬単】6点・(5)→(2)(3)(4)(6)・(4)(6)→(5)
【3連複1頭軸流し】10点・(5)−(2)(3)(4)(6)(9)
【3連単フォーメーション】24点・(5)→(2)(3)(4)(6)→(2)(3)(4)(6)(9)・(4)(6)→(5)→(2)(3)(4)(6)(9)

☆東京11R ユニコーンステークス(GIII)(ダート1600m)

 全日本2歳優駿を勝ち、前走はNHKマイルCで2着と、実績は文句なくリエノテソーロが断トツ。追い切りの動きからも前走の反動もないようだが、そうは言ってもGIで激走したばかりの3歳牝馬。目に見えない疲れがあってもなんらおかしくない。それに加え、乗り替わりにもやや不安を感じ対抗に留める。代わって本命に推すのはサンライズソア。前走は3番手から直線抜け出し、後続が迫って来るともうひと伸びする着差以上に強い競馬。これまで稍重、重のダートで結果を残しているが、パワフルな走りから力のいる馬場になればさらに良さそう。追い切りでは絶好の動きを見せており、万全の状態で初重賞制覇を目論む。

◎(15)サンライズソア
○(4)リエノテソーロ
▲(8)サンライズノヴァ
△(7)アンティノウス
△(2)ハルクンノテソーロ
△(9)シゲルベンガルトラ

買い目
【馬単】6点・(15)→(2)(4)(7)(8)(9)・(4)→(15)
【3連複2頭軸流し】4点・(4)(15)−(2)(7)(8)(9)
【3連単2頭軸マルチ】24点・(4)(15)⇔(2)(7)(8)(9)

☆函館12R 北斗特別(芝1800m)

 クロコスミアは、今回から2階級降級する。昨年はローズSで2着に入るなど、重賞戦線で活躍。今年も前々走の阪神牝馬Sで4着。上位3頭は、一昨年の2冠馬ミッキークイーン、後に今年のヴィクトリアVで1着となるアドマイヤリードと3着となるジュールポレールとハイレベル。前走にしても先行馬が総崩れした中、勝ち馬から0秒6差の7着と踏ん張った。ハンデは56kgと背負うが、今回から1000万下クラスへ2階級降級するため、実績からも致し方なし。メンバー的に先手は取れそうで、勝ち負け必至。

◎(4)クロコスミア
○(14)ノガロ
▲(6)トレクァルティスタ
△(10)エアピザレー
△(5)ランドオザリール
△(8)レトロクラシック

買い目
【馬単】6点・(4)→(5)(6)(10)(14)・(6)(14)→(4)
【3連複1頭軸流し】10点・(4)−(5)(6)(8)(10)(14)
【3連単フォーメーション】16点・(4)→(5)(6)(10)(14)→(5)(6)(8)(10)(14)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。

<プロフィール>

ハッシー

山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。

関連記事(外部サイト)