PayPayが圧倒的人気、2段構えのキャンペーンが奏功

PayPayが圧倒的人気、2段構えのキャンペーンが奏功

スマホ決済市場でPayPayが抜きんでている

 インターネット行動分析サービスを提供するヴァリューズは、スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」の利用動向について調査した。2018年12月「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題になり、19年2月からの「第2弾 100億円あげちゃうキャンペーン」で日常的な決済利用の定着を図る戦略が奏功。圧倒的な人気を誇っているという。
 調査は、ユーザーの行動ログを用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」で実施。第1弾キャンペーン終了後、1月は441万人まで落ち込んだ利用ユーザーが、2月に前月比36%増の599万人に増加。他のスマホ決済サービスと比較すると、ユーザー数は抜きんでている。また、PayPayの認知度が向上するとともに、楽天ペイやOrigami Payのユーザー数も増えた。PayPayのキャンペーンが注目度を高めて、スマホ決済サービス自体のユーザー増に寄与したとみられる。
 PayPayは、インストールしているユーザー数も圧倒的だ。2月時点のアプリ所持者は774万人に達している。第2弾キャンペーン期間中のPayPayインストールユーザーは、開始直後の2月13日が9万9000人で最多。5000円以上チャージした際に1000円還元する、新規ユーザー向けのプレキャンペーン期間中も増加していた。
 日次起動ユーザー数では、キャンペーン開始日の2月12日、205万人から徐々にユーザー数を伸ばし、2月15日には合計231万人が起動したという。第1弾キャンペーンの際には最終日の12月13日に471万人が起動しており、第2弾の狙い通り、日常的な利用が進んだといえる。
 ただ、キャンペーン期間外にPayPayをインストールしたユーザーの方がロイヤリティは高い。第1弾キャンペーン期間中にインストールしたPayPayユーザーの起動回数は1〜2月で1日平均1.60回だったのに対し、キャンペーン期間外にPayPayを使い始めたユーザーの1日平均起動回数は1.71回だった。
 乱立状態との見方があるスマホ決済サービスで存在感の大きいPayPayだが、19年初夏にLINE Payとメルペイが加盟店を相互開放するなど、ますます競争は激しさを増しそうだ。PayPayの第2弾キャンペーンは続いており、各社も次々にキャンペーンを打ち出す姿勢を崩さない。今後も、“体力勝負”の行く末に注目していきたい。(BCN・南雲亮平)

関連記事(外部サイト)