睡眠に関する意識調査、睡眠の重要性を感じつつ7割超は対策せず

睡眠に関する意識調査、睡眠の重要性を感じつつ7割超は対策せず

多くの人が睡眠の重要さを知りつつもその質を上げる具体的な行動をしていないことが明らかに

 パラマウントベッドは全国の20代〜60代の男女1000名を対象に実施した「睡眠に関する意識調査」によると、回答者の7割以上が「睡眠の質を上げる具体的な行動をしていない」と答え、約4人に3人は、良い睡眠には「角度」をつけることが大切だと知らないという実情が明らかになった。 「とてもそう思う」「ややそう思う」をあわせ、85.1%が「日中のパフォーマンスに睡眠が影響する」と答え、「自分らしい人生を送るために睡眠が重要だと思う」という人も83.7%と、8割以上が睡眠とパフォーマンスは関わりが深いと感じている。人生を送るうえで睡眠が重要であると感じている一方で、73.2%は「睡眠の質を上げるための具体的な行動ができていない」と回答した。
 寝具に関する質問では、71.1%が「寝具の選び方次第で自分はもっと眠れると思う」と答えたものの、「寝具の選び方に自信がない」(76.1%)、「最も適切な寝具を選べていない」(55.9%)という回答も多かった。
 睡眠時、仰向けに寝て上半身を起こす(背に角度をつける)ことで、重力によって横隔膜の広がりが大きくなって呼吸しやすくなり、身体がリラックスして入眠時によい影響が生まれると考えられているが、調査では73.9%が、「知らない」と回答。「よい睡眠には角度が重要」だと、多くの人が知らないことが明らかになった。
 パラマウントベッドは、日本人の睡眠のあり方を変え、働き方改革や生産性向上を目指す、睡眠と健康領域の新ブランド「Active Sleep」を立ち上げ、同ブランドの第1弾3製品を6月に発売する。他のメーカーからも良質な睡眠や入眠をサポートする製品が続々と登場し、IoTスマートホームが目指す「快適な暮らし」の一要素としても取り上げられている。

関連記事(外部サイト)