「メルカリ」が10〜30代で「ヤフオク!」が40〜60代、CtoCで使うサービス

「メルカリ」が10〜30代で「ヤフオク!」が40〜60代、CtoCで使うサービス

CtoCで使うサービスは?

 ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」でCtoCサービスについて調査した。利用するサービスで多かったのは、10〜30代が「メルカリ」、40〜60代が「ヤフオク!」だったという。
 メルカリは、10代で48.3%、20代で62.8%、30代で51.9%が使っているという。ヤフオク!は、40代で52.6%、50代で48.1%、60代で68.8%が使っているとのことだ。物品の販売に利用したことがあるCtoCサービスについても、10〜30代がメルカリ、40〜60代がヤフオク!だったとのことだ。

関連記事(外部サイト)