サイバーリンク、写真編集ソフト「PhotoDirector 8」、動画から写真をつくる

サイバーリンク、写真編集ソフト「PhotoDirector 8」、動画から写真をつくる

「PhotoDirector8」シリーズ

 サイバーリンクは、動画の決定的な瞬間を写真として活用できる写真編集ソフト「PhotoDirector8」シリーズを10月14日に発売する。ダウンロード版は、9月13日から販売している。
 「PhotoDirector8」は、動画の1フレームを写真として取り込めるフリーシャッター機能を搭載し、4K動画から高解像度写真を作成することもできる。さらに、カメラやスマートフォンなどで左右に振って撮影した動画からパノラマ写真を作成できる。横方向だけでなく、縦方向にも対応し、写真の境界に欠落がある場合は、分析して補完する。
 このほか、動画から複数のフレームをキャプチャして合成する「ベストグループショット」、動画から動きのある被写体を複数キャプチャしてトラッキング、合成することで動きのある写真を作る「モーションフォト」、テンプレートを選ぶだけでレイヤー編集不要の「クイックテンプレート」、40種類を超えるテンプレートで写真へ効果を適応する「オーバーレイ」、写真に躍動感を与える「モーションブラー」、特定の色だけを残して他の色をモノクロにする「カラースプラッシュ」など、さまざまな新機能を搭載する。
 パッケージ版の税込価格は、「PhotoDirector 8 Ultra」の通常版が9936円、乗り換え・アップグレード版が7020円、アカデミック版が5940円、「PhotoDirector 8 Standard」の通常版が4860円。
 ダウンロード版の税込価格は、「PhotoDirector 8 Ultra」の通常版が9800円、アップグレード版が6800円、「PhotoDirector 8 Standard」は通常版のみで4800円。カラーグレーディングソフト「ColorDirector 5」が付属する「PhotoDirector 8 Suite」は、通常版が1万5980円、アップグレード版が9980円。
 ビデオ編集ソフト「PowerDirector 15 Ultimate Suite」と「PhotoDirector 8」をまとめた「Director Suite 5」は、通常版が2万6980円、アップグレード版が1万9980円から。

関連記事(外部サイト)