モトローラ・モビリティ、専用アクセサリでカスタマイズできるスマホ

モトローラ・モビリティ、専用アクセサリでカスタマイズできるスマホ

アクセサリでトランスフォームするスマホ

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは、専用のアクセサリを装着することで、さまざまな機能拡張が可能なSIMフリースマートフォン「Moto Z」と「Moto Z Play」と、専用アクセサリ「Moto Mods」を、10月中旬以降に発売する。
 モトローラ・モビリティ・ジャパン代表取締役のダニー・アダモポーロス社長は「今までとは違うことがしたい」と前置きし、「アクセサリでカスタマイズすることで、いつでもどこでも、やりたいことがその場でできるようになる」と語った。
 最上位機種となる「Moto Z」の特徴は、最薄部で約5.2mmという薄さ。薄型であっても、バッテリ容量は2600mAhを確保し、急速充電機能(TurboPower)により、15分の充電で8時間利用できる。ボディはオールメタルで、5.5インチ、QHD(1440×2560)の有機EL(スーパーAMOLED)ディスプレイ、指紋認証センサを搭載する。
 CPUはSnapdragon 820で1.8GHzデュアルコアと1.3GHzデュアルコア、メモリは4GBで、ストレージ容量は64GB。サイズは高さ約155×幅75.3×奥行き5.2mmで、重さは134g。USB Type-Cに対応。カラーはブラックとホワイト。motoストアでの税別価格は8万5800円。
 「Moto Z Play」は、カスタマイズ機能はそのままに、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)、指紋認証センサなど、機能を厳選した。最薄部の薄さは6.99mmと、「Moto Z」よりも厚みはあるが、その分、バッテリ容量は3510mAhと多い。
 CPUはオクタコアのSnapdragon 650で2.0GHz、メモリが3GBで、ストレージ容量は32GB。サイズは高さ約156.4×幅76.4×奥行き6.99mmで、重さは165g。USB Type-Cに対応。カラーはブラックとホワイト。税別価格は5万3800円。
●専用アクセサリでトランスフォーム
 「Moto Z」と「Moto Z Play」の専用アクセサリ「Moto Mods」は、ボディ背面のアクセサリ装着用の端子に装着すると、マグネットで固定され、スマホをプロジェクターにしたり、大音量のオーディオにしたりと、多彩な機能拡張を可能にする。
 ラインアップは、プロジェクター、スピーカー「JBL SoundBoost」、ハッセルブランドと共同で開発したズームカメラ「Hasselblad True Zoom」、モバイルバッテリ「Incipio offGRID Power Pack」の4種類。
 プロジェクターは、投影方式がDLPで、投映サイズが最大70インチ、解像度は480ピクセルの854×480。容量1100mAhのバッテリを搭載し、1時間の連続使用ができる。税抜価格は3万3800円。
 スピーカーは、再生周波数帯域が200Hz〜20kHzで、スピーカー出力は3W×2、内蔵のバッテリ容量は1000mAh。税抜価格は1万1800円。ズームカメラの税別価格は2万8800円。
 モバイルバッテリの税抜価格は8800円で、ワイヤレスチャージ対応バッテリは1万800円。天然木材、牛革、柄入りのファブリックなどの素材を使用した着せ替えカバーも用意する。税別価格は、バリスティックナイロン1980円、オークが2980円、レザーが3480円。

関連記事(外部サイト)