Parrot、ミニドローンの新製品「Parrot Swing」を発表、初の垂直離陸に対応

Parrot、ミニドローンの新製品「Parrot Swing」を発表、初の垂直離陸に対応

新製品をアピールするパロットのクリス・ロバーツJPAC地域担当バイス・プレジデント兼マネージング・ディレクター

 仏Parrot(パロット)は9月29日、ミニドローンの新製品として、固定翼型ミニドローンで初めて垂直離陸に対応した「Parrot Swing」を10月中に発売すると発表した。
 パロットのクリス・ロバーツJPAC地域担当バイス・プレジデント兼マネージング・ディレクターは「パロットのDNAがつまっているミニドローンだ」とアピールし、「誰もがパイロットになることができる。とにかく楽しんでもらいたい」と呼びかけた。
 「Parrot Swing」は、73gの超軽量ボディにX型のウイングとプロペラを備えるので、水平と垂直の両方向に飛行できる。水平方向の最高速度は時速29kmに達するが、飛行モードが自動的に切り替わることで安全に着陸できる。
 さらに、3軸の加速度計とジャイロスコープを搭載し、安定した自動操縦機能を実現した。地面や水平線の画像を撮影し、内蔵の1GBフラッシュメモリに記録することができる。高度を分析する超音波センサーも内蔵する。飛行時間は最大8分。税別価格は1万7000円。
 このほか、付属のアクセサリを装着することで、直径6mm、重さ0.12gのボールを発射したり、ものをつかんで移動させたりできる変形型ドローン「Parrot Mambo」も10月中に発売する。税別価格は1万5000円。
 「Parrot Swing」「Parrot Mambo」ともに、最大60m離れた本体と接続できる専用コントローラー「Parrot Flypad」と、iOSとAndroid向けの専用アプリ「FreeFlight Mini」に対応する。

関連記事(外部サイト)