AirPods一強に待った! 完全ワイヤレスイヤホンでソニーが猛追

AirPods一強に待った! 完全ワイヤレスイヤホンでソニーが猛追

7月の完全ワイヤレスイヤホン販売台数シェア推移

 全国の家電量販店やECショップからPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、7月の完全ワイヤレスイヤホンの販売台数は前年同月比で199.3%と大幅に伸長した。1位のアップルは151.4%と好調を維持しているが、2位につけたソニーが265.9%とそれをさらに上回るペースで成長。圧倒的な人気を誇るAirPods一強の現状に“待った”をかけている。
 7月各週のメーカー別販売台数シェアでは、2週目にソニーが一気にシェアを10%上げ、首位のアップルとの差を10ポイント以内に詰めた。3週目・4週目も20%近いシェアをキープしており、アップルを射程圏内に置いている。
 好調の原動力になっているのが、7月13日に発売した高性能のノイズキャンセリング機能を搭載する「WF-1000XM3」。AirPods with Charging Case(第2世代)に次ぐ、2位にランクインしている。
 ベストテンには、10時間の連続再生が可能なバリュートレード(AVIOT)の「TE-D01g」やBeats初となる完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」など、直近3カ月で発売した新製品も入った。多彩な製品の登場で覇権を握るAirPodsの優位は、以前のような圧倒的なものではなくなりつつあるようだ。(BCN・大蔵 大輔)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

関連記事(外部サイト)