ドコモ、2016年-17年冬春モデル13機種を発表、オリジナルスマホ「MONO」も

ドコモ、2016年-17年冬春モデル13機種を発表、オリジナルスマホ「MONO」も

ゲストとして登場した高畑充希さん

 NTTドコモは10月19日、2016年-17年冬春モデル13機種を発表し、ドコモ初のオリジナルスマートフォン「MONO MO-01J」を披露した。
 NTTドコモの吉澤和弘社長は「より一層、熱意を持って、さまざまなことにチャレンジしていく。ドコモを当たり前のように使ってもらうため、新しい価値を提供し続けたい」とあいさつした。
 ゲストとして登場した女優の高畑充希さんは、「MONO」について「値段を聞いてびっくり仰天した。デザインもシンプルでかっこいいので、誰でも持ちやすいと思う」と話した。
 「MONO」は、4.7インチの液晶ディスプレイや約1300万画素の広角カメラを搭載し、キャップレス防水に対応するほか、画面を見ずにマナーモードの切り替えができる専用スイッチなどの便利な機能も設けた。
 名称には、「持つ人にとって大切なものになるように」(吉澤社長)との意味が込められた。カラーはホワイトとブラックの2色。12月上旬に発売する。1年間の継続利用を条件とした実施負担額は650円程度になる見込み。
 スマートフォンのラインアップは、スマートフォンの通信速度で国内最速の受信時最大500Mbps超を誇る「REMIUM 4G」に対応する「XERIA XZ SO-01J」「V20 PRO L-01J」、約4.6インチのコンパクトモデル「Xperia X Compact SO-02J」、協業ブランドモデル「Disney Mobile on docomo DM-01J」など計7機種。
 このほか、複数のデータが送受信できる4×4MIMO対応で、受信時最大682Mbpsのデータ通信が可能なWi-Fiルータ「Wi-Fi STATION N-01J」、LTE/VoLTEに対応したドコモケータイ2機種「AQUOS ケータイ SH-01J」「P-smart ケータイ P-01J」と「らくらくホン F-02J」、「らくらくスマートフォン4 F-04J」、「キッズケータイ F-03J」をラインアップし、10月21日から順次発売する。

関連記事(外部サイト)