フィットビット、フィットネスリストバンド「Fitbit Charge 2」など2機種

 フィットビット・ジャパンは、フィットネスリストバンドの新製品として、「Charge HR」をリニューアルした「Fitbit Charge 2」を10月21日に、初のスイミングに対応した「Fitbit Flex 2」を11月下旬に発売する。価格はともにオープン。
 「Fitbit Charge 2」は、PurePulse心拍計によって、継続的に手首で心拍数を計測できる。従来機種「Charge HR」と比較してサイズを4倍に拡大したタッチパネル対応ディスプレイを搭載するほか、「カーディオフィットネスレベル」に基づく「VO2 Max」を利用した運動レベルの認識や、呼吸法ガイダンス、マルチスポーツトラッキング、GPS接続、「SmartTrack」による自動運動認識、運動リマインダーといった機能を備える。
 カラーは、ブラック、プラム、ブルー、ティールの4色で、ティールのみ11月下旬に発売する。
 「Fitbit Flex 2」は、従来機種「Fitbit Flex」をさらにスリムにした。色で表示内容を識別可能なシンプルなLED表示を採用しており、バンドは取り外しでき、バングルやペンダントネックレスに付け替えられる。
 フィットネス機能としては、スイミングに対応した防水性能を搭載し、スイミング時のラップ計測や継続期間の自動認識、「SmartTrack」による自動運動認識、運動リマインダーなどに対応する。カラーは、ブラック、ラベンダー、マゼンタ、ネイビーの4色。

関連記事(外部サイト)