ワイヤレスに注力、オーディオテクニカのヘッドホン新製品

ワイヤレスに注力、オーディオテクニカのヘッドホン新製品

ワイヤレスタイプのラインアップを強化

 オーディオテクニカは、2016年冬の新製品として、「ホームユース」と「ポータブルユース」の2軸からなる製品群を、11月18日から順次発売する。ポータブルユースからは、原音再生・高解像度・高レスポンスをコンセプトとしたヘッドホン「Sound Reality series」8機種と、インナーイヤーヘッドホンの新シリーズ「LS」5機種の計13機種に加え、同社としては初となるヘッドホン用着脱ケーブル4機種をラインアップする。
 ヘッドホンはすべてポータブルタイプで、室内・屋外問わずに音楽を楽しめる。特に、9月16日に発売されたAppleの最新スマートフォン「iPhone 7/7 Plus」がイヤホンジャックを廃止したため、注目度が増しているワイヤレスタイプに注力した。
●ワイヤレス音質の基準を底上げする「Sound Reality」シリーズ
 「Sound Reality」シリーズのワイヤレスヘッドホン「ATH-DSR9BT」「ATH-DSR7BT」は、世界で初めてデジタル信号をドライバーまで伝送する「ピュア・デジタル・ドライブ」を搭載。ワイヤレス音源をハイレゾ相当の高音質で再生可能な最新のBluetoothコーデック「aptX HD」にも対応する。
 折りたたみ機構を採用したワイヤレスヘッドホン「ATH-AR5BT」は、携帯性とデザイン性を重視。専用設計の45mmドライバーを搭載し、伸びのある高域とレスポンスの良い低域をバランスよく再生する。カラーはスティールブラック、ターコイズブルー、ボルドーレッド、メタリックシルバーの4色。
 ワイヤレスタイプは、いずれも有線接続でハイレゾ音源の再生に対応する。価格はオープンで、税別実勢価格は「ATH-DSR9BT」が6万円前後、「ATH-DSR7BT」が3万3000円前後、「ATH-AR5BT」が2万円前後、エントリモデルの「ATH-AR3BT」が1万円前後の見込み。
 ワイヤードタイプは、「"トゥルー・モーション"ハイレゾ・オーディオドライバー」を搭載したフラッグシップモデル「ATH-SR9」など、4機種をラインアップする。価格はオープンで、税別実勢価格は「ATH-SR9」が5万円前後、「ATH-AR5」が1万5000円前後、「ATH-AR3」が6000円前後、「ATH-AR1」が4000円前後の見込み。

関連記事(外部サイト)