ファーウェイ、ウエアラブル機器の出荷台数がほぼ4倍に 1〜3月期に500万台を出荷、3位に浮上

 米国の市場調査会社IDCがこのほどまとめた、世界ウエアラブル機器市場に関するレポートによると、今年(2019年)1〜3月期のメーカー別出荷台数は、米アップルが前年同期比49.5%増の1280万台となり、首位を維持。このあと、中国シャオミ(小米科技)が660万台(同68.2%増)で続いた。

 一方、1年前にわずか130万台だった中国ファーウェイ(華為技術)の出荷台数は、ほぼ4倍の500万台に拡大。これにより、同社はメーカー別出荷台数ランキングで、3位になった。

「イヤ・ウォーン型」が急成長

 IDCによると、ウエアラブル市場は現在、2つのタイプの製品が牽引している。1つはリストバンドやスマートウオッチといった腕に装着する「リスト・ウォーン型」で、出荷台数は市場全体の63.2%を占める。

 もう1つは、ワイヤレスヘッドフォンなどの耳に装着する「イヤ・ウォーン型」で、こちらは全体の34.6%。イヤ・ウォーン型の出荷台数は1年前から135.1%増と急拡大。米アップルの「Siri」などAI(人工知能)アシスタントの利用拡大が、この分野の成長を後押ししていると、IDCは分析する。 

Apple Watchが好調、シャオミは欧州・中東でシェア拡大

 IDCによると、アップルは、スマートウオッチ「Apple Watch」、ワイヤレスヘッドフォン「AirPods」、Beatsブランドのヘッドフォンといった3つの製品ラインアップを持つことが強み。このうちApple Watchは出荷台数の多さも強みだが、平均販売価格が上昇しており、販売金額でも高いシェアを持つ。

 シャオミは、リストバンド型機器「Mi Band」の人気の高さが強み。同社は中国を中心に事業展開しているが、昨今は、欧州、中東市場に投資をしており、その結果が表れ始めている。同社は欧州、中東地域でシェアを着実に伸ばしているという。

関連記事(外部サイト)