アップル、AIチップを自社開発か 将来のiPhoneに搭載、垂直統合モデルを加速

アップル、AIチップを自社開発か 将来のiPhoneに搭載、垂直統合モデルを加速

工場の労働条件でアップルに抗議、店舗前でデモ 香港の労働団体

 米ブルームバーグがこのほど、伝えたところによると、米アップルは現在、AI(人工知能)関連の処理を行う専用のプロセッサーを開発しているという。

AIチップ搭載のiPhone試作機で実験中

 同社はすでに、このプロセッサーを搭載したiPhoneの試作機をつくっており、現在はその試験を行っている。アップルはこのプロセッサーを、iPhoneやiPadなど将来の同社製品に組み込む計画だと、事情に詳しい関係者は話している。

 このブルームバーグの報道によると、このプロセッサーはアップルの社内で「アップル・ニューラル・エンジン(Apple Neural Engine)」と呼ばれている。

 iPhoneなどに搭載されているプロセッサーには、その心臓部であるCPU(中央処理装置)と、GPU(画像処理装置)があるが、アップルは、現在これらのプロセッサーが担っているAI関連のタスクを、新たな専用プロセッサーで処理させたいと考えているという。

 そうしたタスクにはさまざまなものがあるが、例えば、音声認識や、写真アプリの顔認証、テキストの予測入力といった分野があり、アップルはこれらをAI専用プロセッサーで処理させたいと考えている。

 これにより、将来版のiPhoneなど、同社のハードウエア製品は、現行モデルよりも大幅にバッテリー性能が向上すると、事情に詳しい関係者は話している。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)