アップル、オリジナルTV番組事業に本腰 ソニー・ピクチャーズから2人の幹部を引き抜き

アップル、オリジナルTV番組事業に本腰 ソニー・ピクチャーズから2人の幹部を引き抜き

ソニー映画会社の流出文書27万点超、ウィキリークスが新たに公開

 米アップルはこのほど、米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント傘下の企業から、2人の幹部を迎え入れると発表した。

映像番組部門の責任者を採用

 その2人とは、ソニー・ピクチャーズのテレビ番組制作会社ソニー・ピクチャーズテレビジョンで2005年から共同社長を務めてきた、ジェイミー・エーリクト氏とザック・バン・アンバーグ氏。

 両氏は過去10年間、数多くのヒット番組に携わってきたことで知られる人物で、その代表的な番組には、犯罪ドラマシリーズ「ブレイキング・バッド」や、伝記ドラマシリーズ「ザ・クラウン」などがある。

 そして、両氏は今夏から、iTunes StoreやApple Musicといったネットサービスなどを統括するシニアバイスプレジデント、エディー・キュー氏の直属となり、アップルの映像番組部門を率いていくと、アップルは説明している。

 アップルはこれ以上のことは明らかにしていないが、ウォールストリート・ジャーナルや9to5Macなどの米メディアによると、同社は今後、オリジナル番組に力を入れ、サービス事業の強化を図りたい考えだ。

オリジナル番組がブーム

 米国では、ここ近年、「コードカッター」と呼ばれるケーブルテレビ契約をやめる人が増えている。そうした人々は、インターネットを介して映像を配信する、オーバーザトップ(OTT)サービスを好むようになっている。

 このOTTサービスは、米ネットフリックスや、米フールー、米アマゾン・ドットコムなどが手がけているが、最近はこれらの企業が自ら、オリジナルテレビドラマシリーズを制作しており、それらが人気を博している。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)