世界のモバイル通信加入者、50億人の大台に 中国は10.8億人、インドは7.3億人

世界のモバイル通信加入者、50億人の大台に 中国は10.8億人、インドは7.3億人

世界一高くて長いガラス橋が開通、中国・張家界

 モバイル通信事業者の国際業界団体GSMAが先ごろ公表したリポートによると、世界のモバイル通信サービスの加入者数は、今年(2017年)6月の時点で50億人の大台に乗った。

今後の成長もインドと中国が牽引

 このことは、世界人口の3分の2以上がモバイル通信を利用していることを意味している。さらにこれが2020年末までには、約57億人へと増え、世界人口のほぼ4分の3がモバイル通信を利用するようになると、GSMAは予測している。

 とりわけ加入者数が多いのはアジア太平洋地域で、世界のモバイル加入者数の大半(55%、27億人)が現在この地域に住んでいる。このうち、中国の加入者数は10億8100万人と最も多く、これにインドの7億3000人が続いている。

 そして、GSMAが6月28日に公表した最新リポートによると、2020年末までの3年半の間に、モバイルサービスに加入する人の数は、中国よりもインドの方が多くなる見通しだ。

 その内訳は、インドが2億600万人、中国が1億5500万人。新規にモバイルサービスに加入する人数全体に占めるインドの比率は27%、中国の比率は21%。つまり、この2カ国だけで、今後の世界における新規加入者数のほぼ半数を占めると、GSMAは見ている。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)