「アプリ」はもう古い?「ブラウザ回帰」めざすSmooz―iPhoneで簡単ウェブ閲覧

「アプリ」はもう古い?「ブラウザ回帰」めざすSmooz―iPhoneで簡単ウェブ閲覧

Smoozのイメージ画像

iPhone向けWebブラウザーの新製品「Smooz(スムーズ)」が話題になっている。東京都のアスツールという企業が開発した。

過去数年のあいだ多くの人がLINE、Instagram、Facebook、TwitterなどのアプリケーションをiPhoneから直接利用するようになり、一方でブラウザーでさまざまなWebサイトを開く機会は減りつつあるかに思える。

だが「アプリのダウンロード」という障壁がなく、必要なときに必要な情報を引き出せるWebサイトの世界には今、再び注目が集まっていると、アスツールは訴える。そこでiPhoneのブラウザーに革新をもたらすためSmoozを開発したという。

このブラウザーではiPhoneでの使い勝手を重視しており、画面上でリンクを長押すると簡単に新しいタブを開き、横にスワイプするとタブが切り替わる。さらに検索ボタンを上にスワイプすると素早くタブを消せる。

また読んでいるニュースやブログの記事などを人工知能(AI)技術が解析し、次に検索する単語を予測し、候補を表示してくれる。それらのいずれかをタップするだけで欲しい情報を探せるため、文字入力の手間を省ける。

これに加え読んだ記事について、ほかの人がどう思っているのか、Twitterやはてなブックマークでの言及を容易に一覧可能だ。

さらに記事をSmoozのブックマークに登録すると、好みに合いそうな別の新しい記事を受け取れるようになる。

関連記事(外部サイト)